英語のオーディオブック初心者におすすめな本3選!

最強英語学習法 酒呑み英語

「英語の勉強にオーディオブックが良いらしいから試してみたい。けど、どのサービスでどの本を選べば良いんだろう」

という疑問に答えます

  • サービスはAmazonのAudible一択
  • 選ぶべき本、選んじゃいけない本
  • 初心者が最初に聞くべき本3選

これを書いている僕は

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・オーディオブックを多用して英語力を伸ばし、
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

サービスはAmazonのAudible一択

英語のオーディオブックの入手方法はいくつかあり、CDで売ってたりもしますが、今はスマホで使うことがメインになると思いますので、質量ともにトップのAudible一択です。運営元はAmazonなのでほとんどの人がすでにアカウントを持っていますよね。

更に無料体験で30日間使えるので、とりあえず聞いてみることもできて初心者には最適です。どんどん聞いて日本のAudibleに物足りなくなっても、アメリカのAudibleと契約することもできますので、ほぼ無限に入手することができます。

まずやってみることが大事なので、サービス提供者で迷っている時間は無駄になります。とりあえずAudible で初めてしまいましょう。

選ぶべき本、選んじゃいけない本

となると、じゃあどの本を聞いたら良いんだ、という話になります。逆説的ですが、「これは辞めておけ」というジャンルがあります。

小説

です。

意外と思われるかもしれませんが、英語に限らずすべての言語はビジネス会話のほうが簡単です。トピックが限定されるために、出てくる単語も偏ってくるし、わからない単語があっても類推しやすいです。

逆に小説は日常生活のあらゆる場面が脈絡なく出てくる上に、ファンタジー小説などはもはや物理的にありえないことが起きまくるので、かなりの英語力を要求されるので初心者には不向きです。

立場を置き換えるとわかりやすいのですが、日本語を勉強している初心者の外国人が「村上春樹」や「内田康夫」みたいな作家の本を日本語で読んで理解できるでしょうか。ほぼ無理だと思います。(村上春樹なんて日本人でも追いつくのが大変ですよね 笑)

というわけで、小説は避けるとして、おすすめになる条件は

①英語が簡単で有ること。
②トピックが絞られていること。
③プロのナレーターが読んでいること。

①は言わずもがな、②は説明しました。③について説明しますね。

プロのナレーターが読んでいること。

オーディオブックは大きく分けて2種類に分けることができます。

著者本人が読んでいるもの
プロのナレーターが読んでいるもの

オーディオブックはもともとネイテイブスピーカーが使うために作られているものですので、語学学習用のものではありません。

第一言語で使う人にとっては「著者本人が読んでいる」ほうがリアルさがあって人気だったりします。オバマ前アメリカ大統領の本などもオバマさん自身が音読してくれていて、確かに伝わってくる感じはします。

が、しかし、音読に関してのプロではない著者が読み上げているオーディオブックはやはり聞き取りづらいです。やはり訓練された音読のプロであるナレーターは発音も綺麗だし、聞きやすい。初心者はこちらを選びましょう。

初心者が最初に聞くべき本3選

とはいえどれがそれに該当するかわからないと思いますので、まず初心者に聞いてほしいオーディオブックを3つ選んでみました。

洋書も一緒に買いましょう。

英語を勉強している日本人が聞く場合、初心者に限らず必ず聞き取れない単語が出てきます。その時の答え合わせになるのが洋書。オーディオブックを10分くらいぐるぐる聞いて、洋書で答え合わせをして、また聞いてみるというのが流れになります。

おすすめオーディオブック1位

Our iceberg is melting– John Kotter

ビジネス寓話と言われるようなジャンルの本で、大きな危機に瀕したペンギンたちがどう戦って行くかを描いた物語です。

寓話ですが、内容は大人向けで、ビジネスパーソンが読んで損のない内容になっています。普通にストーリーが面白いので、楽しく英語学習を進めていけると思います。

おすすめオーディオブック2位

Who moved my cheese?– John Kotter

1位と同じくビジネス寓話なのですが、こちらは超有名な本で英語圏の人なら子供のときに必ず読んだことがある本だそうです。

いつもチーズがあったところから、ある日突然チーズが消えてしまってこまったネズミたちのお話。こちらもビジネスパーソン向けの良書としてよく紹介される本ですので楽しく進められると思います。

1位の本と合わせてみんなに読んでほしい本ですね。

おすすめオーディオブック3位

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money That the Poor and Middle Class Do Not! Robert T. Kiyosaki

これは日本でもおなじみ「金持ち父さん、貧乏父さん」の原書です。内容は金融や会計の話になってくるので、少し専門的な内容も出てきますが、その分出てくる単語に傾向があるので比較的簡単な英語になっていると思います。

日本でもビジネスパーソン必読の書としてよく紹介される本ですので、英語を勉強しつつ、お金の勉強もできて一石二鳥になりますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あまりたくさん紹介しても聞ききれないと思いますので、今回は3つに絞りました。どれも一生手元においておきたい良書ですし(データだからどこにも行かないんですが 笑)、英語学習のツールとしても僕が人生で出会った中で最高のものです。

もちろん最初は全然聞き取れなくて凹んだりするかもしれませんが、洋書を見れば正解がわかります。正解がわかってから聞けば必ず聞き取れますので、少しずつ進めてください。

そして次のステップとして、オンライン英会話に挑戦してみましょう!!

オンライン英会話は無料体験を片っ端から!!オススメ10選!!【 すべて大人向け! 】

Thank you for stopping by!!

参考記事:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

参考記事:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】