英語力ゼロからってのは大ウソ。実は日本人はそうとう有利な件

最強英語学習法 酒呑み英語

平均的な日本人「俺なんて英語力ゼロだからなぁ、話せるようになるのはやっぱり無理なのかなぁ?」

と言った疑問に応えます。

  • 英語力ゼロって100%ウソだから信じちゃダメです!
  • 日本人は英語については相当アドバンテージありますよ。
  • 自称「ゼロ」からビジネスレベルまで伸ばした最強学習方法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

英語力ゼロって100%ウソだから信じちゃダメです!

本当すいません。これ僕のことです(笑)

思いっきり「ゼロから」書いてますよね(笑)

僕に限らず、結構な英語アカウントの人は「英語力ゼロから」とか「純ジャパ」とかっていう表現を使っています。

別に悪気があってウソをついてるわけじゃなくて、限られた文字数で、

・もともと英語話せなかった
・帰国子女じゃない
・留学もしたことない
・いわゆる普通の日本人の英語力でした

ということを表現するために便利な言葉だから使っているんだと思います。みんなにもできるよ、という事を伝えたいから。だからそこは許してください(笑)

本当に英語力ゼロの人はほぼいない

日本では義務教育の中に英語も入ってますし、高校進学率も相当高いので、英語力ゼロどころか、基礎知識に置いては結構たくさん持っているのが現実です。

僕も「ゼロから」なんて言ってますが、中学校の英語は得意科目だったし、洋楽が好きだったので大量の英語を聞いて歌っていたという土台は確かにあったんですよね。

ここは個人差があるとは思いますが、仮に中学英語の内容を7−80%理解しているのであれ、日常会話で最低限必要な知識はほとんど入っていると言っても過言ではありません。

Oxford3000という「最低限必要な単語3000」という指標があるのですが、日本の学校で習う英単語の数は、中学と高校を合わせるとぴったり3000個です。(詳しくはコチラ

結構日本の英語教育って凄いんですよ。

納得できないでしょう?他の言語と比べてみましょう。

と言われても「英語が苦手」と言われ続けた日本人はなかなか信じてくれないので、他の言語を比べてみましょう。

英語に限らず一つも単語を知らない外国語って意外と思い当たらないものです。1つも単語を知らない言語は、その言語自体知らないマイナー言語が多いということもありますが。

日本人なら誰でもニーハオくらいは知ってるでしょうし、カムサハムニダ、ダンケシェーン、グラシアスなどなど意外といろんな言語の単語を知っているものです。

ロシア語はどうかな?と思いましたが、スパシーバは聞いたことあるでしょうし、ボルシチも知ってますよね(笑)

というわけで、いろいろ考えて出てきたのは「スワヒリ語」。これは完全に1単語も知りません。

つまり、本当に「ゼロ」の言語ってスワヒリ語くらいまで縁遠い言語に行かないとありません。

さぁ、僕のスワヒリ語とあなたの英語の知識を比べてみてください。ゼロとの比較なので、「何倍」っていう数字にはなりませんが、はるかに多くの単語を知っているし、はるかにいろんな文章を作れるはずです。

そう、「英語力ゼロ」なんてのは便宜上だけのもので、ぶっちゃけウソなんです(笑)

日本人は英語については相当アドバンテージありますよ。

実際日本人が一番学びやすい言語はやはり英語になると思います。

言語としての相性は世界最悪ですが、それ以外の要素は恵まれています。

・学校の教育
・異常に発達した英語学習ツール
・日常に英語がたくさん入ってきている
・外国人からも人気がある国である

学校の教育

前の章でも話しましたが、やはり日本の学校で習う「知識量」はなかなかのものです。知識を「会話力」に変換する工程がないから日本人はなかなか話せませんが、土台としては素晴らしいものがあります。

この知識を会話力に「変換」する方法については最後にご紹介しますので、是非このままお読みください(^^)

異常に発達した英語学習ツール

これだけ経済力が落ちても日本のGDPは世界3位です。

結構お金を持っていて、英語を話せない人がたくさんいる国

なので、英語学習市場が異常に発達しました。これはめちゃくちゃ有利です。

電子辞書は超高性能だし、最近は動画コンテンツも多いし、いいか悪いか別にして英会話学校だらけだし、最近はオンライン英会話も充実しています。もちろん各種テキストは無限に発行され続けています。

僕はタイに2年間住んだのですが、タイ語はほとんど習得できませんでした。大きな理由は

・文字が読めない
・電子辞書がない

ことが挙げられます。僕は徹底的に電子辞書を持ち歩いて、英語と中国語はとりあえず話せるようになったのですが、これが全く使えないのには困り果てました。

「当たり前のようにアルファベットを知っている」

というのも大きなアドバンテージですね。(中国語は漢字なのでなんとかなります)

日常に英語がたくさん入ってきている

和製英語や、カタカナ英語の発音など落とし穴になるときもあるのですが、日常的に英語を使うのも助けになっています。

今コロナで東京都知事が

Stay home

と言ってますが、こんなの英語以外の外国語で言われたら絶対わからないですよね。(より多くの人間に届けるための標語なのにわざわざ外国語を使う理由が謎ですが)

日本人にとっては当たり前のことなので、ピンと来ないかも知れませんが、たとえば中国大陸では基本的にすべての外来語を中国語に直します。

パソコンは電脳だし、スマホは智能手机になります。なので、純粋に中国語にしか触れずに育つと、Computerという単語を覚えるところから始めるわけです。

これはなかなかにしんどいです。ブランド名ですら、Appleは苹果と呼ばれるほどの徹底ぶりです。

外国人からも人気がある国である

コロナの影響で一時的に訪日外国人は止まっていますが、日本は世界中で大人気の国です。

行ってみたい観光地ランキングで京都は連続で1位を取っていますし、東京、大阪、広島、長崎、北海道、沖縄などめちゃくちゃ観光資源があります。

・日本各地で外国人と触れ合う機会が数年で戻ってくる
・向こうも興味を持ってくれている

のは結構大きいです。というのは、下手くそな英語で話していても、相手が日本に興味を持ってくれていれば我慢していろいろ話してくれることが多いからです。

観光客っぽい人を見つけたら思い切って声をかけてみるのも楽しいですよ(^^)

自称「ゼロ」からビジネスレベルまで伸ばした最強学習方法

さて、みなさんが英語力ゼロじゃないことはわかったと思うので、「自称ゼロ」から英語を覚えるための方法をご紹介したいと思います(笑)

なお、この「ビジネスレベル」というのもクセモノです(笑)僕自身はショボい英語なのですが、実際にビジネスをしてきたし、今もしているので「ビジネスレベル」にウソはないってことになってしまいます(笑)

僕の英語力が気になる方は是非twitterまで!

自称ゼロの段階からいろいろ試行錯誤して、「最強」といい切れる学習方法です。僕はサボっているので「しょぼい」ままですが、キチンと継続していれば上級者まで到達できるはずです。

お金もかかりませんし、是非試して見ください!

最強の学習方法

まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること

くらいにしておきましょう。それでとりあえず「楽観的に行動しまくる」ことは可能になります。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!!