英語を話す時の緊張を解消する方法。なんで緊張する?

最強英語学習法 酒呑み英語

英語初心者ニッポン人「結構勉強してるつもりでもイザ英語で話す時になると緊張しちゃって上手く出てこない。。。どうすれば良いんだろう?」

と言った疑問に答えます。

  • 英語を話す時の緊張を解消って、そもそもなんで緊張するの?
  • 緊張を予防する方法
  • 土台から英語力を伸ばす最強学習方法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで一部上場企業に就職
・海外営業部→経営企画室で海外事業を多数経験
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

英語を話す時の緊張を解消って、そもそもなんで緊張するの?

結論から言うと、「英語を話す時に緊張する必要なんてない」が結論です。

「必要性で緊張してるわけじゃないんだよ!」

とごもっともなツッコミが来そうなので、説明しますね。

立場や環境次第で緊張は全く不要

僕は話す言語については、立場や環境によって求められるものが随分変わってくると思います。

今もしあなたが英語圏に住んでいるならば、緊張するのも理解できますし、ある程度頑張る必要があるかなと思います。

会社の転勤などの強制力があるにせよ、突き詰めれば「自分で望んで英語圏にいる」わけですから、英語を話す努力は必要だと思います。

ただ、「緊張してしまう」ほとんどの人は日本国内か、もしくは非英語圏の国で英語を勉強している段階だと思います。話す相手は、

・語学学校の先生
・オンライン英会話の先生
・バーで知り合った外国人
・外国人旅行者
・友達

くらいでしょうか。考えてみたら僕らが緊張する必要性なんてまったくないんですよ。最初の2パターンは教えるのが仕事ですし、バーで知り合った外国人や友達に関して言えば、

「相手が日本語が出来ないから英語で話してあげている。」

わけです。緊張どころかエラソーにする権利すらあるはずです。まぁしないほうがいい人に見えるとは思いますが(笑)

いる国の言語を話すべき

当然ですが、理想的には自分が今いる国の公用語で話すのが一番です。流暢に話すことが出来なくても、挨拶やお礼や簡単な言葉くらいは現地の言葉を覚えるのはある種のマナーだと思います。

結構よくいるんですが、日本に10年以上も住んでいるのに全く日本語を話さず、

「日本人はなんでこんなに英語がヘタなんだ!」

とか言ってるダメ外国人。シンプルにバカなので無視しましょう(笑)

日本で話している場合は、英語なんて出来なくて当たり前、英語で話してあげているわけです。なーんで僕らが緊張しなきゃいけないんでしょう!

緊張する要因を整理しておこう

緊張しない方法をお話する前に、緊張する要因を整理しておきたいと思います。

・英語が苦手=正しい英語を話そうとしている
・英語を話さないといけないと思いこんでいる
・外国人に不慣れ
・周りの目が気になる

こんなところでしょうか。一般的に言われる「日本人が英語が出来ない理由」とほぼ同じですが、ようするに苦手意識があるから緊張するんですね。

緊張を予防する方法

それでは具体的に緊張を予防というか回避する方法の話に入っていこうと思いますが、まずインスタントに解決する魔法の方法は・・・・

あるんですよコレが(笑)

こと英語に関しては魔法の方法というのはほとんどの場合にないんですが、この場合に限ってあります。かなり特効薬です。

まじめに言います。

酒飲んじゃってください。

大真面目に日本人が英会話する前にちょっとお酒飲んだら英語力メチャクチャ上がると思います。きちんと分析して記事にしてありますので、コチラの記事も是非御覧ください。これが一番簡単な方法です。

英会話が苦手な人にとっておきの方法をお教えします。内緒ですよ。お酒・・・

本当に心の底から、「慣れるまで呑みながら話せばいい」と思っています。語学学校だろうがオンライン英会話だろうがオッケーです。だって、実際に英語を使うときだってお酒がある場面もあるわけです。

泥酔しちゃうのは論外ですが、英会話の練習をする時にお酒を飲んでいけないという道理はありません。

ただ、困ったことにこの方法はお酒を飲めない方や未成年の方には使えないので、別の方法についても言及していきたいと思います。

緊張をコントロールする方法

少し僕の話になってしまいますが、僕はギタリストとして数え切れないほどのステージに立ってきました。

人前で演奏する。しかもそれが大事なステージだったりすると当然ならとても緊張します。また、100本ほど潜ったスキューバダイビングでも緊張のコントロールは重要になります。

そんな経験をへて、多分一般の方よりは緊張のコントロールを心得ていると思うのですが、いちばん大事なのは、

・緊張する要因を理解し、
・緊張して当たり前と思い
・体の反応を理解しておく

ことです。

例えば寝不足のときって、落ち込んだり軽いうつ状態になったりしますよね。天気が悪い時もそういう傾向がありそうです。

この時に、「あーおれッテダメなやつ・・・」と落ち込んでしまうと際限がありませんが、

「今日気分が落ち込むけど、睡眠不足のせいだから、今日ゆっくり眠ればオッケーだな」

と思えるだけで随分気分がよくなります。

これと全く同じなんです。

「本来緊張する必要なんて無い」ということをアタマだけでもいいから理解しておいて、それでも緊張しちゃうならばその要因もきちんと理解してあげるってことです。

結果的に緊張したとしても要因や必要性を理解していれば軽減されますし、「慣れ」も速くなると思います。原因不明の病気で苦しんでいる時に、病名がわかるだけでも気がラクになるのに似ているかも知れません。

要因を潰していこう。

先程あげた緊張しちゃう要因

①英語が苦手=正しい英語を話そうとしている
②英語を話さないといけないと思いこんでいる
③外国人に不慣れ
④周りの目が気になる

一つずつ潰していきましょう。

①英語が苦手=正しい英語を話そうとしている

日本人はとにかく正しい英語やペラペラな発音でないといけないと思いこんでいるフシがあります。が、全く必要ありません。

誰が極東の島国にきてみんながみんな流暢な英語を話すことを期待するでしょうか。非英語圏でも英語力が高い国はたしかにありますが、日本とは事情が全く違う国ばかりです。

話せなくて当たり前、通じればオッケー

というマインドで行きましょう。単語の羅列でも意味が伝われば十分なんですよ本当は。

②英語を話さないといけないと思いこんでいる

少し先述しましたが、日本人は優しいのか、外国人と遭遇すると英語を話さなきゃいけないと瞬間的に思い込むようです。

これって実は日本語が流暢な外国人の人たちに失礼になったりする場合もあるので、是非考えをかえましょう。

「日本なんだから日本語を話すのがまず当たり前。でも相手が出来ないからしょうがなく英語を話してあげてる」

ちょっと傲慢に聞こえるかも知れませんが、謙虚な日本人はこれくらいの意識を持ってもいいかも知れません。

③外国人に不慣れ

これは人間の本能的な反応のようですが、「体が大きい相手と対峙すると怖い」というのがあります。

これはどうしようもないので慣れるしか無いのですが、重要な点は「でっかい相手に気圧されているんだ」と理解しておくことが重要です。本来する必要のない緊張であることを脳みそにわからせてあげる感じですね。

余談ですが、日本人の平均身長は欧米に較べると低いですが、東南アジアに入ると高い方のグループになります。

タイに住んでいる時に聞いて、興味深かった話のひとつなのですが、例えばラオスやミャンマーなど、平均身長が低い国の人達からすると、

「日本人はでかいから怖い」

と言われているそうです。言われてビックリですが、やはりそういうもんなのかも知れません。

ということは、僕らが威圧感を感じているようなでっかい人たちも、まさか自分が威圧感を与えているとは思ってないはずなんですよね。

慣れるしか無いので、気楽にいきましょう。

④周りの目が気になる

これは日本らしいはなしですが、英語で話してると色んな所で聞き耳を立てているのが良くわかります(笑)

職場で英語の電話を取ると

「しーん」

となったりして。

「英語」というものを必要以上に「スゴイもの」だと思っていることの表れですが、これはもうどうしようもないので無視しましょう(笑)

帰国子女の女子アナウンサーのかたも全く同じことをどこかで書いておられたので、これはもう無視するしかありません。

ただ、「間違えていてもオッケー」精神を持っておくとこれも随分楽になると思います。

結局はマインドと英語力

まとめると、緊張を回避するのはお話してきたようなマインドを持つことと、もう一つは根本的に英語力をあげるしかありません。

マインドについては解説してきましたので、この記事の最後に英語力のあげかたをご紹介して終わりたいと思います。

土台から英語力を伸ばす最強学習方法

この方法は僕が15年間英語に携わり、10年以上は英語を使って仕事をしてきた経験から編み出した最強の学習方法です。

日本の英語教材は最小限に、「本物の英語」のみを吸収してく点がポイントですが、初心者でもできるようにフォローしてあります。

なにかを売りつける内容でもありませんし、各種無料体験を活用してお金もほとんどかからず学習ができるようになっておりますので、以下のリンクから是非お試しください!

【 決定版 】日本国内で「しょぼい英語」を身につける方法【 マジで出来ます 】

Thank you for stopping by!!