最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

最強英語学習法 酒呑み英語

「やっぱり英語はできるようになりたい!けど、どうしたら良いんだろう?会社員だから留学はできないからやっぱり英会話学校に通ったほうが良いのかなぁ・・・?高いけどしょうがいのかな?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 最低限必要な知識
  • 最強の英語勉強ツールオーディオブック&洋書
  • 次のステップは・・・

この記事を書いている僕についてですが、大人になって(24歳)から英語を覚えて、後に役員の通訳や、外国人向けホテルの運営など英語を使っての仕事ばかりしているオジサンです。必要性がなかったのでTOEICは受けたことありませんが、あれは実践的な英語力を証明するものでは無いのでとりあえず放っておいてください。

当然ネイティブのように流暢なわけではありませんが、ほどほどの英語力でも十分仕事ができるということを実践していますので、帰国子女でもハーフでもない普通の日本人の方の参考になると思います。

最低限必要な知識

流石にアルファベットやI love you.のような基礎的な文章がわからない状態で英会話の勉強を進めるのは効率が悪いので、まず基本をサクッと学んじゃいましょう。

当たり前のようですが、意外とこれを抑えずにワーホリや留学に行っちゃって全然話せるようにならないまま帰国する日本人は多いものです。

具体的には「中学校で習う英語」を70-80%程度抑えておけば問題ないんじゃないかなと思います。どんなもんかわからないと思いますので、東京都立入試の問題を引っ張ってきました。

この文章を読んで理解できればオッケーでしょう。テストじゃないので知らない単語は調べてOKです。分かりづらいのは”When they were played together”くらいですかね。

この文章を読んで理解できる範囲が70%以下なのであれば、こんな感じの本を買って読んでおきましょう。

遠回りに感じるかもしれませんが、普通の日本人が英語を身につける方法としては限りなく最短距離に近いと思いますので、騙されたと思ってやってみてください。100点を取れる必要はありませんし、繰り返しますが、辞書は使ってOKです。

最強の英語勉強ツールオーディオブック&洋書

これは断言します。最強のインプットツールはオーディオブックと洋書です。安く英語を勉強する手段として「NHKの英会話教室」がありますが、日本の英語教材は総じて日本語を使いすぎです。50%以上日本語かっていうくらい。時間の無駄です。

ネットフリックスなどで見られる映画やドラマももちろん勉強になりますが、映像前提のコンテンツが多いので「ながら」学習に弱いというデメリットがあります。もちろん僕も見ますけどね。

また、「聞き流すだけで英語が話せる!」系の教材がいっぱい出てますが、「大ウソ」です。騙されないでください。逆に考えてみてください。

アメリカ人が日本語の教材を「聞き流した」だけで日本語できるようになると思いますか?日本語が英語より難しいことを差っ引いても不可能なことがわかると思います。

本記事で紹介するツールは両方合わせても3,000円以下で買えます。無駄にお金をかけるのはもうやめて一気に英語力を引き上げましょう!

オーディオブックとは

「本を音読した音声コンテンツ」です。車移動がメインなアメリカでは昔から発達しているコンテンツで、英語学習に最適な理由は「ネイティブ向け」であるという事です。当然ですが一切日本語は入ってません。

購入方法

Amazon傘下のAudibleというのが国内最大のサービスになります。無料体験で1冊もらえますので、とりあえず登録して1冊聞いてみましょう。(オススメの本は後で紹介しますので是非参考にしてみてください)

使い方

当然ですが、現時点で英語ができない人が聞いてもさっぱりわからないと思います。でも良いんです。安心してください。

1. 最初の5分だけをくり返し聞く。
2. 再生速度が調整できるので、スピードを落とす。
3. わからなくても10回くらい聞く。

ここまでは通勤電車で可能ですよね。でも多分さっぱりわからないでしょう。で、次のステップです。

洋書も買っちゃう。

Amazonではオーディオブックと電子書籍Kindleが併売されています。両方買っちゃいましょう。聞き取れなかった部分を洋書で答え合わせするわけです。

4. 答え合わせ
5. もう一回聞いてみる
6. 文法的にわからない部分をググって解決する。

ググって解決できない場合はツイッターでもヤフー知恵袋でも聞いちゃいましょう。僕にDMくれてもOKです。わからなかったらネイティブの友人に聞いてでも回答します。

1~6をやって、その5分間が理解できるようになったら、繰り返す時間を5分から10分に伸ばしましょう。理解できた部分でもくり返し聞くのもコツです。「流石にもう良いわ!」となるまで聞いたらそこの部分は飛ばしましょう。

通勤で片道1時間電車に乗っているとして、これを3ヶ月間、1日2時間やりきったらそれだけでリスニングと読解力は別人レベルまであげられると思います。この方法の良いところは、もともとが「売れた本」なので内容が面白いんですよ。先に紹介した入試問題のようにつまらない文章ではやってられません。

アウトプットの練習にもなる。

本なので基本インプットの勉強ツールになりますが、重要なアウトプットの練習もできます。

シャドーイング

といって、要するに真似して言ってってみるということ。ただマネするだけですが、これは超重要です。さすがに電車の中ではキツイので、休みの日にでも今まで勉強した部分を

オーディオブックをかけながら
洋書を見て
音読

するというのをやってみてください。できれば録音すると良いですね。比較すれば3ヶ月で別人になれたことを実感できると思います。

オススメの本

僕が実際に使って初心者におすすめできる本を2冊紹介しておきます。どちらもビジネス寓話ですが、内容的にも非常に重要で、また英語圏の人なら誰でも知っている本です。

①:Who moved my cheese? – Spencer Johnson

②:Our iceberg is melting – John Kotter

どちらも「環境が変化したときにどう対応すべきか。」といった内容で面白いです。どちらかというと2.のほうがコミカルで聞きやすいかもしれません。

次はオンライン英会話で実践

本記事の内容を1ヶ月も実践してくれたらその時点でかなり英語力は上がっていると思いますが、次は実践段階に入ります。

本勉強法は「お金がかからないのに最強」がサブテーマなので、ここでも格安で勉強できる「オンライン英会話」を使います。下記の記事を是非ご確認ください!

最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!