英会話が苦手な人にとっておきの方法をお教えします。内緒ですよ。お酒・・・

最強英語学習法 酒呑み英語

真面目な日本人「外国の人と話すとどうしても緊張して話せなくなっちゃうなぁ~どうすればいいんだろう?」

といった疑問に答えます。

  • 英会話が苦手な人へのとっておきの方法。
  • 実際に役立った例をご紹介。
  • 更に話せるようになる最強学習法。

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

英会話が苦手な人へのとっておきの方法。

英会話が苦手。よく聞く話です。

日本人の多くは基礎的な会話に必要な知識はすでに持っているのに英会話が苦手です。考えてみたら不思議なことです。

多分ですが、普通に高校まで出た日本人が持っている英語の知識と同じ量の韓国語の知識を持っていたら結構ペラペラ話せると思うんですよ。それには理由があります。

・英語は日本語とかなり遠い言語である。
・欧米人と話なれてないと何故かビビる。
・ミスを恐れるので、言葉が出ない。
・正しい英語を話そうとする。

あたりが主なところになります。

で、これを全部一気に解決もしくは緩和してくれる魔法のツールがあります。「英語が楽に上達する」魔法のツールはありませんが、これは本当に魔法のツールです。

それは

お酒

です!どーん!

いや、バカみたいに聞こえるかもしれないけど、ちょっとまってちょっとまって!!ほんまやから!

日本人+酒は英語との相性が良い

さっき上げた理由の1つ目の、「英語は日本語とかなり遠い言語である。」はお酒を飲んでも全く変化がありませんが、ただこれもある側面から見ると楽になります。

欧米人のリアクションや身振り手振りの大きさです。

別にあれを真似する必要はないんですが、かといって日本語と同じように話していても伝わりづらいのが確か。

また、英語はアクセントが重要なので、やはり日本語を話すより口を大きく開けて、大きな声を使ったほうが伝わりやすいです。

で、これって結構照れくさいんですよね。

その他3点の理由も同じく、「照れくさい」「恥ずかしい」という要するに、「他人からどう見られるか」という意識が英語を使う邪魔をしています。

日本人は実に奥ゆかしいので、言語的に遠いということよりも、文化的に遠いということも英語が難しい理由であると思います。

これが言語的にも文化的にも近い韓国語だったら同量の知識でもたくさん話せるだろうなと思う理由でもあります。ちなみに僕は中国で中国語も覚えましたが、やはり英語よりはハードルが低いように見えました。

そこでお酒を飲むわけです。(どーん)

もちろん未成年の方やお酒が苦手な方にはオススメできないし、泥酔状態で外国の人に絡むのもやめてほしいので、あくまで適量で、という注釈付きですが、日本人にとっては絶大なる威力を発揮します。

現代ではあまり良くないこととされていますが、日本人の飲酒文化には

・無礼講
・酒の席の失態には寛容

といった文化があります。BBQや花見など悪酔いしやすい宴席で見てるとよくわかりますが、普段おとなしい日本人が豹変する様は外国人から見ても驚きでしょう。

この変化の使えるところを上手に使えば良いわけです。

・リラックスする
・気が大きくなる→細かいことを恥ずかしがらなくなる
・自然と声が大きくなる
・よく喋る

あたりは英語との相性が非常に良いです。通学型の語学学校だと抵抗があるかもしれませんが、オンライン英会話や、むしろ外国人が集まるバーに行ってみるとかもいいと思います。

実際に役立った例をご紹介。


こんな感じのしょぼい英語の僕ではありますが、まぁとりあえず英語で仕事したり、遊んだりできるようにはなりました。

そうなる過程で勉強していた時間の半分以上は酔っ払っていたと思います(笑)

大きなデメリットとして、シラフのときは思うように英語が出てこないという問題があるのですが、お酒を飲みながら英語を覚えたり、周りの日本人が英会話に挑戦できた話をいくつかご紹介しておきます。

バーで出会った外国人と

僕はギターも弾くのでよく音楽バーに出入りしているのですが、京都の音楽バーなので結構な頻度で外国人が入ってきます。

小さなバーなのですぐ会話するようになるのですが、バーなので当然お互い酔っ払ってます。

僕はしょぼい英語力の割にはしょっちゅう英語を使って仕事をしているので、今となってはバーでの会話くらいだと特に困らず何時間でも続けていられますが、面白いのはまわりにいる日本人です。

僕がいるという安心感もあるとは思いますが、なんせ全員酔っ払っているので(笑)、普段だったらあまり勇気がなくて英語に挑戦できない人でも結構話に入ってきたりします。

で、外国人の方も「観光旅行中」なので、下手な英語でも地元の日本人と話したり遊んだりするのって嬉しいわけですよ。なので、結構長いこと付き合ってくれます。

すごく喜んでくれてそのバーに連日通い詰めた人もいました。もはや主と化していました(笑)

こういう経験をすると日本人て少し勇気がもらえるというか、「英会話って楽しいな」って思わせてくれたりするんです。これもお酒の恩恵ですね。

外国人との会食で

数年前僕は日本の企業の駐在員としてタイのバンコクで仕事をしていました。

日本人の同僚は上司1人のみで、あとは全員外国人。基本英語で会話をしていました。

で、ある日マレーシアからお客さんが来たので、会議の後に食事にでかけたんですね。日本人上司は英語できなかったので、彼は欠席して、あとは台湾人とタイ人とマレーシア人かな。

タイ人はそれほどでもないのですが、台湾人やマレーシア人はもともと外国語学習に熱心な(というかマレーシアはそもそも多言語国家)国なので、この人達の英語が上手いんですよ。

台湾人は同僚だったので、ビジネス的な書類を書くときに英語の表現がわからなかったりするとちょくちょく質問して教えてもらっていた相手でもあります。

で、この日の会食がめちゃくちゃ盛り上がったんですよ(笑)地元の美味しいタイ料理を食べながらビールとウイスキーで。

で、気分良く帰宅したわけですが、翌日台湾人の同僚に言われました。

「お前あんなに英語流暢だったんだな。」

と(笑)

彼とはたまに食事に行く程度でしたが、いかんせん年が20くらい上だったのでそこまで盛り上がる感じでもなく。

きちんと酔っ払った僕の英語を聞いて驚いたそうです(笑)

そう。日本人は酔っ払うと英語が上手になるのです。ホントです。

ワーホリで英語を覚えた方法

僕は24歳のときにニュージーランドにワーホリに行って英語の勉強をしてきたのですが、語学学校というのがどうも性に合わないので独学で覚えてきました。

世界共通語である音楽も使うためにギターを持っていって大いに活用しましたが、それ以上に活用したのが、そうですお酒です。

貧乏旅行なので、バックパッカーズと呼ばれる日本のユースホステルみたいなところに泊まるのですが、そこには貧乏旅行者しかいないので、外食ができないんですね。

で、みんな食堂でそれぞれご飯を作って食べるわけです。そこに目をつけました。

日本でも最近良く見ますが、紙の箱に3リットル位入った安いワインがあります(カスクワイン)。

ニュージーランドはワイン生産に力を入れていることもあって、すごく安い割に結構飲めるワインが買えました。

・ワインが安い
・食堂にはヒマそうなネイティブがいっぱいいる。

となればもう行動は決まったも同然です。食堂にいるネイティブにストレートに聞きました。

「英語勉強してるんだけど、つきあってくれない?このワイン飲んでいいからさあ」

ヒマな貧乏旅行者がこれで引っかからないわけがありません(笑)

これをきっかけに仲良くなって一緒に遊ぶようになったりして、更に英語のレッスンを受けられるという。

このワインナンパ大作戦は、僕史上コスパ最強の勉強方法だったと思います。

だって、どのみち1人でもワインは飲むわけですから(笑)

更に話せるようになる最強学習法。

とまあ、色々とお話してきましたが、要は「お酒の力を少し借りて、英会話への心理的ハードルを低くしよう」ということです。少しでも通じたら嬉しいもんですよ。

で、その嬉しさを感じることができたらこっちのもの。次回はもう少し話せるように勉強してみましょう。

あ、勉強といっても僕がオススメする勉強方法ですから、そんなかしこまったものじゃないし、楽しみながらできるようになっています(^^)

僕自身がずっと続けてきた、確実に英語力を上げることができ、しかもお金もほとんどかからない方法なので、ぜひ試してみてください。

まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること

くらいにしておきましょう。それでとりあえず「楽観的に行動しまくる」ことは可能になります。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

まとめ


人生と同じく外国語学習は長い長いマラソンのようなものです。マラソンの途中でダッシュすることも可能ではありますが、結局の所すすめる距離はあまり変わらない気もします。

もっと気楽に英語というものを捉えると、諦める人も減るし、そもそも英語を話しやすくなるんじゃないかと思いこの記事を書いてみました。

一緒にダラダラやっていきましょう!(笑)

Thank you for stopping by!!