英語を武器に世界で勝負!!ってそれほんとに大丈夫?

最強英語学習法 酒呑み英語

日本人ドリーマー「英語を覚えたら世界中の会社に就職できるし、良いよなぁ。」

ちょっとその考えはキケンかも!

  • 英語を武器にできるのは「まわりに英語ができない人だらけ」な時だけ。
  • しょぼい英語でも武器にできる戦い方。
  • できるだけ英語力を伸ばしておく学習方法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

英語を武器にできるのは「まわりに英語ができない人だらけ」な時だけ。

今日twitterで見つけたつぶやきです。machaさんのツイートはマジで勉強になるので、英語勉強している人ならフォロー必須です。

英語学習者にとって耳の痛いことでもプロの目線でズバっとtweetしてくれるのがmachaさんの魅力です。

これは前々から僕自身も痛感していることなのですが、「おとなになってから頑張って覚えた英語」くらいだと、日本ではチヤホヤされても、英語圏にいったら完全に弱点です。

この「地元では武器になるのに、本場に行くと弱点になる」という現象は他の分野でも幅広く起きています。

例えば、世界中に増えている「スシレストラン」ですが、各都市で人気の店舗があります。僕も実際数カ国でお寿司を食べたことがあります。

が、実際日本で通用するお店がどれくらいあるかというと相当少ないと思います。あれはお寿司ではなく、Sushiという食べ物だと言う人もいます。

「英語力」も「お寿司を握る能力」も「外国から輸入している」からこそ価値が出るわけです。

もちろんフランスで成功している日本人フレンチシェフなどもいますし、イチローみたいな人もいますので、語学以外の分野では本場に乗り込んでも能力次第で勝てます。

ただ、「語学」というのは「ネイティブより突き抜けてうまくなる」のが難しいので、「弱点にはなるが、武器にはほぼならない」というのが悲しいですが、事実です。

褒められた時点でもう弱点

僕は仕事でたくさんの外国人に会うので英語を使う機会はほぼ毎日ありますが(今はコロナでありませんが泣)、結構な頻度で

「英語上手いね」

って言われます。もちろん嬉しいですが、これを言われているようでは本場に行ったら確実に弱点になります。ネイティブに対して「英語上手いね」とは言わないからです。

(別の話でアジア系アメリカ人がネイティブなのに英語上手いねって言われて怒ってるというのもありますが、それは先入観てやつですね。)

そういうわけで、「大人になってから身につけた英語」だと、程度の差こそあれ、英語圏に行けば弱点になるということは覚えておいたほうが良いと思います。

しょぼい英語でも武器にできる戦い方。

引用したツイートでは、「英語以外のことを全力でやるべき」とあります。まさにその通りだと思います。

超極端な例ですが、野球選手がアメリカに渡る時英語などできなくても全く問題になりません(私生活の不自由はあるでしょうが)。

「野球がメジャーリーガー並みに上手い」

という超レアカードなので、誰も英語力など求めませんよね。

とはいえ、突き抜けた能力を身につけるのはなかなかに難しいので、しょぼい英語でも武器にできる戦い方をご紹介したいと思います。

・日本の企業でレアカードになる
・日本で外国人向けの商売をする
・外国で、「日本語が武器になる」ところで戦う

最初の2つは僕が実際に行ったこと。3つ目は、「やろうとしたけどやめた」ことです。

日本の企業でレアカードになる

大人になってから覚えた英語は、英語圏に行くと弱点になってしまいますが、まわりが英語できない人だらけだと結構な武器になります

ところで僕らが住んでいるこの日本は世界でも有名な「英語が下手な人たちが住んでいる国」であります(笑)

簡単な話ですが、日系企業の海外人材になってしまうのが手っ取り早く武器にできる方法だと思います。

僕はワーホリから帰国後、上場企業の海外営業部に入りましたが、海外人材って結構メリットがあります。

・上層部と接点が持ちやすい
・他部署の人に認知されやすい
・一目おいてもらえる
・英語力が伸びる

全ては日本人が英語を話せないことと、英語にコンプレックスを持ってくれているおかげです。活用しまくりましょう(笑)

このメリットを利用して、事あるごとに海外駐在をしたいことを役員や社長にアピールした結果、希望通り中国とタイに駐在に行くことができました。

また、英語を仕事で強制的に毎日使うので自動的に勉強するので、英語力も勝手に伸びます。これはなかなかオイシイ経験でした。

日本で外国人向けの商売をする

僕はサラリーマンを辞めた後、独立して個人事業主として仕事をしています。英語が関係ない仕事も一部やりましたが、多くのクライアントは外国の方でした。

現在メインはホテル運営事業ですが、ここでも「しょぼい英語」が活躍します。

東京はもっとマシなのかもしれませんが、僕が拠点にしている京都では、そこそこの値段のホテルでもフロントスタッフの英語力はなかなかヒドイものです。

外国人の友人と食事に行くときなどに目撃するのですが、しょぼいという以前に、成立していないと言った感じ。

おかげで、相対的に僕の「しょぼい英語」がよく見えるようで、うちのホテルのレビューには僕の英語を褒めてくれているレビューが沢山残っています。

また、他の仕事で香港企業のクライアントがいらっしゃるのですが、

「外国のサプライヤーは変えるのがめんどくさい」

ので、一回受注してからずーっと定期的に発注してくれます。英語窓口を持たない企業が多い業界などでは、顧客の囲い込みにもなるという例ですね。

外国で、「日本語が武器になる」ところで戦う

これは少しトリッキーですが、「外国に住む」という夢も叶えつつ、英語という弱点にそれほど苦しむ必要がないアイディアです。

僕はタイに駐在しているときに退職したので、現地で一応転職のリサーチも行っていました。ので、その時の具体例を紹介します。

・アメリカの製造企業
・日系企業への営業マン案件
・要ビジネスレベル英語

こんな感じです。給与は30万円くらいだったと思います。タイで30万円もらったら豪遊して貯金もできちゃいます。

特に製造業の責任者をやっているような日本人はほとんど英語を話せないので、アメリカ人が行ってもどうにもなりません。

中国でも同様のケースを見ましたが、大きな企業で、日系企業をクライアントに持つ企業では「日本チーム」みたいな部署を持っています。

当然そこでは「日本語能力必須」になるので、日本では「あたりまえ」だった日本語というスキルが「武器」に早変わりします。

人材としては、「日本語ができるのに、英語もちょっと話せる便利なヤツ」というイメージでしょうか。この場合、英語が少しもできないと雇ってもらえないので、英語を武器にしているという側面もあります。

もっとシンプルな例では、外国で日本語教師になるとか、日本人向けの宿を経営するとか、実践している日本人は意外とたくさんいます。

できるだけ英語力を伸ばしておく学習方法

というわけで、「しょぼい英語」でも場所を選べば武器になるというお話をしてきましたが、どこでどう使うにせよレベルはできるだけ上げておいたほうが有利なのは変わりません。

ワーホリから帰国後にたどり着いた僕なりの最強学習方法をご紹介しますので、是非お試しください。

僕は途中で「まぁ通じるから良いか」になっちゃって勉強をサボっているので「しょぼい」ままですが、続ければいくらでもレベルを上げられる方法だと確認しています。

お金もほとんどかかりませんので是非!

英会話習得法

まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること

くらいにしておきましょう。それでとりあえず「楽観的に行動しまくる」ことは可能になります。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!!