英語の発音は録音して、聞いて改善しよう。と思った話。

最強英語学習法 酒呑み英語

「英語の発音そんなに良くないの自分でもわかってるけどまぁとりあえず通じてるし良いか〜」

と言った方におすすめの方法です。実は3日前の僕自身です(笑)

  • 自分で発音している英語は録音して聞かないと改善しない
  • 2分スピーチはすごくいい練習になりそう
  • そもそも話すための英語力を作る勉強方法

コレをかいている僕は、

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

自分で発音している英語は録音して聞かないと改善しない

さくらこ@シアトルで小商いさん( @HELLO_and_GDBY )提唱の2分スピーチというのを3日前からやってみています。

条件としては、

・2分間
・事前に文章は決めずに
・テーマだけ決めてアドリブで話す

という感じなのですが、これが難しい。カメラに向かって2分間アドリブで話すのは日本語でも難しいですが、考えながら話し続けると英語の発音への意識が薄れるので、本当の発音力みたいなものが試されると思います。

我ながらびっくりしました。発音悪いし聞き取りづらい(笑)

もちろん日頃誰かと英会話しているときは相手の話を聞いたりする時間もあるし、多少の間が相手も気にならないのでもう少し余裕のある環境ですが、とは言えこりゃひどいなと(笑)自戒を込めて発音と、それを録音して聞いてみることの大事さを今回書いてみたいと思います。

自分の声はわからない。

誰しも経験があると思いますが、自分の声を録音して聞くとまるで別人の声のようで気持ち悪いですよね。これは普段自分の声は、空気をたどってではなく体内で直接響いてくるからなんです。(ワタクシアマチュアギタリストでもあります。)

音だけでも違和感がありますが、日本語に置いても話し方、スピード感など「脳内補正」がかかっているので、実際より良いイメージを持っていることが多いでしょう。これは声だけじゃなく楽器の演奏や表情の作り方なんでも同じですが、要するになんでも

「自分で思っているよりしょぼい」

わけです(悲)。なので、録音してあんまりうまくなくても凹む必要もないということも合わせて覚えておいてください。

だから録音が重要

当然ながら周りの人に伝わっているのはその「録音された声であり発音」なので、改善をするなら録音して聞くしかありません。

わかってましたよ。。。。。

わかってましたけど、、、まぁ通じてるし良いかぁ。。。。で逃げてました(笑)

せっかくtwitterで良いきっかけをもらったので、続けて発音を改善していこうと思います。(それもブログの記事にできそうだと今気づきました)

2分スピーチはすごくいい練習になりそう

その「良いきっかけである」2分スピーチですが、すごくいい練習になりそうです。高負荷がかかる分成長スピードが速そうです。重い筋トレマシンみたいなもんですよね。

2分という時間も短すぎず長すぎずちょうどいいし、アドリブで話す能力も鍛えられそうです。

こんな僕でも事前に決まった文章を読むならもう少しマシに発音できるんですよ。ホテルでお客様と会話する内容もある程度定型化されるので、何度も話しているからスラスラ出てきます。

が、新しい事象をアドリブで説明するのって難しいです。これ、お客様と飲みに行ったりするときに(フランクなホテルなんですw)実感するのですが、「英語で話したことない」トピックについて英語で話すの滅茶苦茶難しいです。必要なボキャブラリーも不足してたりしますし。

当然録音して聴き直すことで、自分の実力がわかりましたし、twitterに上げるので緊張感もあります。100回やって1回目と100回目を比較したら面白そうですね。

というわけでしばらく悪戦苦闘していきますので是非フォローをお願いします!!

実際の効果の程はこれから僕自身が検証していくことになりますが、ただ明らかに効果は出るはずなので、是非みなさんも試してみたいだけると良いかと思います。別にtwitterにあげなくても今持っているスマホのカメラに向かって、たとえば今ならコロナウイスルについて思うことなどを話してみる。いろんなことがわかると思いますというかわかりました(笑)

そもそも話すための英語力を作る勉強方法

こういう話をすると、

「いやそもそも2分話し続けるだけの英語力がねえんだよ。」

という声も上がりそうです。

もしあなたが中学英語をそれなりに勉強してきた方なら、何もせず2分スピーチを10回もやれば記憶が蘇ってきて上達するような気もしますが、せっかくなので僕が実践してきた勉強方法をご紹介したいと思います。

24歳の普通の日本人だった状態から下手ながら毎日英語で仕事ができるようになった勉強法は、

① 中学英語をキチンと復習する
② オーディオブックと洋書でインプットしまくる
③ オンライン英会話で知識を「英語力」に変換する

です。2分スピーチは③に近い作業ですね。よりアウトプットに特化されるので、この学習方法と滅茶苦茶相性が良いように思います。英語力って読み書きとリスニングとスピーキングのバランスで成り立っていると思いますが、知らない単語は聞き取れないし、発音できないので相互に影響しあっています。

実は日本人の英語の知識は相当のレベルにあることが多いので、2分スピーチでそれを英語力にしつつ、①を終わらせて、②と③を繰り返して2分スピーチで発表するというループを続ければ自然と上手くなりそうです。

各ステップについてはいかに詳しく説明している記事があるのでそちらをご参照いただければ嬉しいです。

中学英語をおさらいするのにオススメな本見つけました。「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」

最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

僕も重い腰をあげてがんばりますので一緒に頑張りましょう!!

Thank you for stopping by!!!