英語できると飛行機で得する話。広い席に座れます!

最強英語学習法 海外在住 酒呑み英語

「外国に行くことになったけど、エコノミーなんだよなぁ。。。狭くて疲れるのイヤだな、、、、なんとか楽に乗れないかな?」

といった疑問に答えます。

  • 英語できると飛行機に楽に乗れる裏技あります!
  • 英語力って実は国内で十分身につきます!

コレを書いている僕は

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。
・多い時期には毎月1−2回海外出張で飛行機に乗っていました。

英語できると飛行機に楽に乗れる裏技あります!

飛行機って乗るの疲れますよね。国際線なら2時間前には空港に行って重い荷物預けて、イミグレーションに所持品のチェック。。。飛行機のシートに座った時点で既に疲れているのに、この席がまた狭い!!

ビジネスやファーストに乗れる人は良いのでしょうが、僕ら庶民はエコノミーしか取れません。だってその分行った先で使いたいし!

裏ワザをお教えします。でも英語力が必要です。

この裏ワザを使うためには少しだけ英語力が求められます。ですが、この記事の終わりに日本国内でも英会話力が身につく最強の学習方法をご案内していますので、是非最後までご覧ください!(もちろんすべて無料です!)

裏ワザ

この裏ワザを使うのはチェックイン(発券)してもらうときです。荷物を預けてチケットをもらうときですね。実は事前に席を予約している場合でもこのときに頼めば席の変更をしてもらえます(LCCは無理かも)。

たいていは窓際(Window)か、通路側(Isle)と伝えるだけだと思いますが、ココで魔法のセンテンス。

Can I get an exit row seat?(エグジットシートにしてくれない?)

僕の経験上早めに行けば50%くらいの割合で座らせてくれます。

エグジットシートとは?

Exitは出口ですが、この場合は非常口のことです。飛行機に乗ったことのある人はわかるのですが、非常口の前って座席がなく、離着陸のときはそこにCAさんが後ろ向きに座っていたりします。

この非常口の手前にあるシートは、他に比べてはるかに足元が広いんですね。飛行中はCAさんもいませんし、

・足を思い切り前に投げ出しても大丈夫だし、
・前から移動できるので、トイレもいつでも気楽にいけます。

コレは実に快適で、同じ金額でこんな席に座れるのはめちゃくちゃお得なので、是非聞いてみましょう。

英語力が必要。

コレは航空会社にもよるようなのですが、非常時には乗客を誘導したりしなきゃいけない立場になるので、英語ができないと断られることがあるそうです。(着席してから移動させられたというケースも聞いたことがあります。ダウンタウンのまっちゃん 笑)

チェックインのときの会話でしか判断できないので、要するにチェックインがスムーズにできる程度の英語力が求められているということだと思います。

ココで諦めずに!次の項を是非読んでみてください。

英語力って実は国内で十分身につきます!

多くの日本人は、「英語なんて無理だ。。」と諦めてしまいがちですが、実際は留学など行かなくても国内で十分英語力は身につきます。

ましてや飛行機にチェックインするときに使う程度の英語なんて正直3ヶ月もあれば余裕です。

最強学習法3ステップ

3ステップだけです。

①中学英語を復習して70%程度理解する。
②オーディオブックと洋書でひたすらインプット。
③オンライン英会話で知識を英語力に変換。

1回やったら、②と③を繰り返すイメージですね。

難しく聞こえそうですが、初心者でも挫折しないように常に答え合わせができるようになっています!それぞれ詳しく紹介していますので、下記の記事を是非ご覧ください!!

中学英語のおさらいにおすすめ:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

中学英語のおさらいにおすすめ:中学英語をおさらいするのにオススメな本見つけました。「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」

②最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】


Thank you for stopping by!!