勉強ギライの僕が中学英語の文法を専門用語抜きで解説します。関係代名詞って未だに知りませんw

最強英語学習法 酒呑み英語

英語は中学英語の復習からって言われたけど、それがわかんないんだよなぁ。。前置詞とか不定詞とか意味分かんないし。。。」

という疑問に答えます。

  • 中学英語の文法を、専門用語抜きで解説する理由と方法
  • 実際にやってみよう!【 最初の一歩 】

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

まずこの動画を見てください。2分だけです。恥ずかしいんですが、英語で話す姿を晒しています。

僕はワーホリで一年間ニュージーランドに行きましたが、行ってみて、その後必要に迫られて勉強(というか訓練)した結果、

「この程度の英語力は国内で身につく」

し、

「更に伸ばすことも国内で可能」

です。僕の英語力が伸びていない理由は単純にサボっているからです(笑)

中学英語の文法を、専門用語抜きで解説する理由と方法

結論ですが、僕自身が勉強がキライだからです。インターネットやtwitterにいる人達は「どこから湧いてくるの!?」と驚くほどのモチベーションでめちゃくちゃ頑張っていますよね。そして英語もうまい。

本当は世の中の大半の人が僕と同じように勉強がキライなはずなのですが、インターネットでキラキラしている人たちを見ると

「俺ってなんてだめなんだ。。。Orz」

てなるんですよね。僕もなります。とは英語もやらないといけないし、という人も多いとお思います。

専門用語抜きで解説する理由

これを書くのにあたって、久しぶりに書店で英語のテキストとか解説書を何冊も見てみて、実際に3種類ほど購入したのですが、蘇ってくるのは

「嫌な授業の思い出」

クラっと来ましたね。基礎英文法の本の内容は余裕で理解できますが、それでもクラっと来ます。なんでだろうと思ったんですがすぐわかりました。

「専門用語のメンタル破壊力パネェ。」

です。

SVOC、動名詞、関係代名詞、前置詞、冠詞などなど。独学でお酒を飲みながら英語を覚えたせいか、ぼく未だにこれらの日本語の意味がわかりません。

わからなくてもある程度は話せるようになるのになぜこういった専門用語が多用されるかというと、

「教えやすい」

からだと僕は思っています。学びやすいではなく教えやすいですね。

これは否定的な意味じゃなくて、きっと効率が良いんだろうと思います。

「英語の教育者」と「やる気のある学習者」がセットになっている場合は。

僕のようにやる気がない学習者の場合、専門用語を見ただけで気分が「どよーん。。。。。。」となっちゃうので結局「やーめた」ってなりますよね(笑)

なので、ずーっっっっっと作りたかった「僕のような勉強嫌いでも英文法がわかるテキスト」を目指してこのシリーズの記事を書いていきたいと思います。

この勉強方法の目標

まずは目標設定が必要だと思いますが、

「東京都立高校の英語入試問題で80%以上とれる」

状態に持っていきたいです。ここまで行けると他の学習方法で自分で伸ばしていけますし、最低限の日常会話程度はなんとかなるようになります(その方法は別途説明します。)

リスニングとかはちょっと別問題になるので、とりあえずそれ以外の部分の80%としましょう。

専門用語抜きで英文法を理解する方法

で、その方法ですが

① 正解の文章を一個覚えて、単語を入れ替えて無限のバリエーションを生む。
② ちょっとずつ変えていく。

①を極端に簡単な例にすると、

I love you.

が言えるならば、

You love me.

も言えますよね。ってこと。簡単ですよね。これを増やしていけばいいだけです。

②の場合は

I play guitar. (私はギターを弾きます)
I played guitar. (私はギターを弾きました)

のように変化させていきます。これがわかっていれば、

I cook dinner. (私は夕食をつくります)

を「作りました」にしたい時どうすればいいかわかるようになります。

そうです正解は、

I cooked dinner.

ですね。こんな感じでわかる例文や言い回しを増やしていって、パーツを入れ替えることによって気づいたら意外となんでも言えるようになる感じです。

これは基礎学力が低い僕が実際にやってきた方法です。大学受験をしていないので、中学英語までしかやっていなかった僕でもできた方法なのできっと誰でにもできるはず!!

実際にやってみよう!【 最初の一歩 】

実は僕がこの勉強方法を推奨するにあたって、お手本となる先生がいます。唯一の受験のときに通っていた塾の先生で、この人の教え方がすごく良かったので、その人の一番印象的な文章を最初の一歩として解説していきたいと思います。

本当の初心者の方はわからないかもしれませんが、次からもっと簡単な文章にしますので、まず考え方としてだけでも見てみてください。

伝説の一文

It is 形容詞 for 人 不定詞

うーん。半分日本語ですね(笑)

学習塾なので専門用語が入っていますが、専門用語は禁止なので変換すると、

It is 形容詞 for 人 to 行動

になります。形容詞はなかなか変換が難しいのでやめましょう。やはり例文を使うに限ります。

It is easy for me to speak English.

僕にとって英語を話すことは簡単だ。

で、この”easy”人” ”行動”を取り替えることで無限にいろんなことを言えるようになります。

「朝起きるのは僕にとって難しい」、

なら

It is hard for me to wake up in the morning.

となります。言いたいことに必要な単語を知らない場合はググればOK。できれば電子辞書が古臭いようでおすすめなんですが、とりあえずはスマホでOKです。

ちょっと文章も長いし難しいかもしれませんが、要はこうやって文章の決まった形を覚えてしまって、パーツを入れ替えましょうということです。

次回よりもっと簡単な文章から解説していきますので是非御覧ください!!

Thank you for stopping by!!
(よく使う表現です。立ち寄ってくれてありがとね!って感じですね^^)

おすすめ記事:しょぼい英語で生きていく。「しょぼい起業で生きていく」を応用してみよう。

おすすめ記事:英語は独学をおすすめする理由とその方法