TOEICハイスコアなのに不自然な英語が存在する理由

最強英語学習法 酒呑み英語

TOEICハイスコア日本人「TOEICの点は取れるようになったけど、なんだか英語がうまくなった気がしないなぁ。。。なんでだろう。」

と言った疑問にこたえます。

  • TOEICハイスコアなのに不自然な英語が存在する理由。
  • 言葉で物事を伝えるのにいちばん大事なこと。
  • 自然な英語を身につける最強学習法。

コレを書いている僕は、

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで一部上場企業に就職
・海外営業部→経営企画室で海外事業を多数経験
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。
・初めてTOEIC模試受けてみたら855~900点でビックリしてる人(もっと低いとおもってた)

です。

※注 英語は不自然でも通じればOKです。不自然な英語を否定するものでもありませんし、またTOEICやハイスコア所持者を否定・揶揄するものではありません。TOEICがいちばん有名だから引用しただけですし、(模試しか受けたことありませんが、)よく出来た資格だなぁと思っています。

TOEICハイスコアなのに不自然な英語が存在する理由。

まず事実として、「TOEICハイスコアを持っていても不自然な英語を話す人」は現実に存在しますし、「TOEICハイスコアなのに全然英語話せない人」も存在します。

そもそもTOEIC L&Rには「会話」が含まれていないこと、またTOEICの問題自体が不自然なことだとが大きな理由だと思っています。

ただ、それは矯正可能ですし、TOEICに費やした努力は裏切らないはずなので、そこはまずご安心いただければと思います。

また、「自然な」というのも個人の主観によるものです。僕自身「しょぼい英語」を自認し、推奨していますので、そこまで自然な英語を話している自信も全然ありません。

ただ、日本人がやりがちな勉強方法にハマってTOEICのスコアだけを追い求めると、「伝わらないレベルで不自然」な英語になってしまったりしてそれはとてもモッタイナイので、そういったことを回避するための記事となっています。

普通の日本人がTOEIC900点以上とか取るのはかなりの努力量だと思います。なのに勉強方法が悪いせいで、それでも伝わらない英語になっちゃうなんて悲しすぎますよね。

僕自身のしょぼい英語も貼っておきます。しょぼいんですが、10年以上仕事で使ってきて業務上問題ないので、とりあえず最低限はクリアしているのかなと思っている次第です。

前置きと、注釈が終わったところで本題に入りましょう(笑)

日本で英語を勉強するといえば、多くの人がまず目指すのがTOEICのスコアではないでしょうか。

数字で目に見えるのでわかりやすいですし、就職や転職の際にも使えるので大人気なテストだと思います。典型的な流れとして、

・試しにTOEIC受けてみて現段階のスコアを知る。
・TOEIC対策の教材で勉強する。
・TOEICのスコアが上がっていく。

日本人は元々英語の知識は結構あるので、これで十分上げていけると思います。学力と気合がある人だったらこれだけで900とか950とかに到達可能だと思いますし、じっさいにそういう人も知っています。

学力も気合もない僕からするとシンプルにスゴイと思うし、その能力は他にも絶対活きるので羨ましい能力です。

ただ、ここに落とし穴があります。英会話できるようになりたいということと、TOEICのスコアは必ずしもリンクしないんですね。

そもそもTOEIC自身もそう言ってる通り、いわゆる一番メジャーな TOEIC L&Rのスコアはあくまでリスニングとリーディングのテストなわけです。

「会話」は含まれてないんですよね。

「話すこと」のトレーニングは一切含まれてない学習でTOEICのスコアを取れるようになっても「自然に話せるようにならない」のはある意味当たり前です。

知ってる人にとっては当たり前なのですが、これから始める人にとっては落とし穴になりかねません。(まぁ企業からスコアを求められたりするのでしょうがない面もあるのですが・・・)

自然さにつながらないもう一つの理由

もう一つ自然な英語につながらない決定的な理由があります。

テストという性質からやむを得ないとは思いますが、TOEICのリスニングテストの英語はキレイ過ぎますし、聞き取りやすすぎます。

855~900程度のお前がなにを言うんだよ。

と言われそうですが、ボーッとして聞き逃した問題があったり、全部聞き取れたのにわからない問題が(知能に問題があるのかも知れません 笑)あったりしたこともあり聞き取り自体はほぼ出来ていたつもりです。

僕がリスニング満点を取れる日が来るとは思いませんが、くり返し聞いていいなら98%は書き起こしできるレベルで聞き取りやすい英語であることは確かだと思います。

ハイスコアを狙う上では聞き取りやすいのは良い事ですが、問題は「不自然に」聞き取りやすいという事。

実際の会話で使われる自然な英語とはかけ離れているので、あれで勉強したところで自然な会話に繋がりにくいのは当然ですね。

ちなみにこれはTOEICに限ったことではなくて日本の英語教材の音声のほとんどに言える事であるどころか、TOEICはかなりマシな方であると思います。

NHKの語学講座なんて論外と言っていいレベルで不自然ですし、そもそも日本語使いすぎなので時間のムダです。

そんなわけで(繰り返しになりますが)。まとめると理由は2点。

・そもそもTOEIC L&Rには会話が含まれてない。
・TOEICの会話がそもそも不自然。

言葉で物事を伝えるのにいちばん大事なこと。

初心者から英語マニアまで日本人が忘れてしまいがちなことがあります。

英語はあくまで言葉

だってことです。言葉とは相手に自分の思いや目的を伝えるための手段です。「自分の言葉で話す」ことが大事なのは僕ら自身が日本語で良くわかっているはずです。

国会議員の答弁が不自然だと感じたことはありませんか?

あれは官僚が作ったペーパーを読んでいるだけで、自分の言葉ではないからです。

子供がわがままを言っている日本語を不自然と感じたことはありますか?

ないはずです。心から自分の想いを自分の言葉で表現しているからです。

TOEICを含んだ日本の英語教材で勉強すると、丸覚えした構文や、こう言うべき、こう言ってはいけないなどと言ったルールばかりが気になって、棒読みになってしまったり、正しい英語を話すことに気が取られすぎて、肝心の相手に伝わるかどうかを置いてけぼりにしてしまう様子をよく見ます。

この動画で布袋寅泰さんが素晴らしいことを言っています。

1フレーズできちゃうと、「あぁもうできた!」(ってなっちゃう)。でもそこはねぇ、入り口であってあくまでも。そこからいかにこう、右手と左手の間にある真ん中のハートを通過させて自分のサウンドにして行くかが大事。

ギターの話で恐縮ですが、この話は外国語を覚えていく上でスーパー大事なことなんです。

ハートを通す。

正しい英語や、覚えた構文を使おうと躍起になっている時、その英語はハートを通っていません。

音楽でも外国語でもハートを通ってない音は自然になりませんし、そもそも相手に伝わらないんですよね。

「自分の言葉で話す」というのは「ハートを通す」と言い換えることができるのかも知れません。

ハートを通す方法

じゃあどうすれば「ハートを通せる」ようになるのか。これはどうしても反復練習が必要になりますが、

・最低限の文法を身につける。
・自然な英語を大量に聞く。
・自然な英語を大量に読む。
・実際の英会話で何度も使ってみて体に染み込ませる。

実は楽器を演奏できるようになる方法と全く同じです。外国語を習得した人は同じ手順で楽器もできるので是非オススメしたいところです。

次の章ではこの4つのファクターを満たす勉強方法をご紹介していきます。

自然な英語を身につける最強学習法。

さぁ、じゃあ具体的にどうやって勉強していくのか。

まずご安心していただきたいのは、この方法もTOEICスコアに確実に繋がります。僕の模試結果(855~900)は、ここ数年意識的な英語の勉強をせず(しろよ)、またTOEIC対策というものは一度もしたことがなくぶっつけでやってみて出た数字です。

こういうことを言うとガチ勢に怒られそうですが、本気でやればスコアアップはそんなに難しくないと思われます。

なので、TOEIC対策が必要な人も是非学習に取り入れていただきたいです。圧倒的に自然な英語に近づきます。

この学習方法の肝は

本物の英語

を大量に体内に取り入れることと、

実際に英会話

をして、

取り入れた知識を「会話力」に「変換」する

ところです。この変換作業をしない人が多い!

TOEIC L&R のテストはあくまで受け身ですからそれだけでは会話力が身につかないので、そこを補う感じです。

10年以上仕事で英語を使いながら到達した最高の学習方法です。無料体験を上手く使うことによってお金もほとんどかからずできる内容になっていますので、是非下記リンクよりお試しください。

あ、なにかを売りつけるような内容ではないのでご安心ください(笑)

【 決定版 】日本国内で「しょぼい英語」を身につける方法【 マジで出来ます 】

Thank you for stopping by!!