ひとり家飲みのレベルを劇的に向上させる「透明な氷」の作り方

酒呑み英語 酒飲み雑談

冷蔵庫の臭い氷でお酒飲んでませんか?ダメゼッタイ

家飲みの際にもハイボールなどのカクテルを作ったり、缶チューハイなんかをグラスに入れて氷を入れて飲んだりすると思いますが、その時どんな氷を使っていますか?

スーパーやコンビニでロックアイスを買ってくるという方もいらっしゃると思いますが、大多数の方は「冷凍庫で作った氷」を使っているのではないでしょうか。

実は冷凍庫で作った氷は、せっかくのお酒を一瞬で不味くする最悪の氷です。

かといってロックアイスを毎回買うのはお金もかかるし、運ぶのも大変ですよね。

このブログでは自宅で「完全に透明な氷をつくる方法」と氷の重要性についてお伝えします。

最後まで読んでいただけると、「毎日透明な氷で美味しくお酒を飲める様になる」だけでなく、アイスコーヒーやカルピスなどの味も劇的に向上しますので、是非読んでみてください。

  • 氷の重要性と冷凍庫の氷が最悪なわけ
  • ひとり家飲みのレベルを劇的に向上させる「完全に透明な氷」の作り方
  • 作った氷の扱い方、使い方

この記事を書いている僕は

・ひとり家飲み研究家(歴18年)
・素人料理人歴15年
・おいしい食事とお酒をこよなく愛するアラフォーおじさん

です。プロの料理人の方のような難しいレシピでなく、素人だからわかる簡単で作りやすいレシピやワザを紹介しています。市販のレシピ本て「適量」とか書いてありますが、それ初心者はわからないんですよね(笑)

氷の重要性と冷凍庫の氷が最悪なわけ

まずは飲み物に使う氷の重要性と、冷凍庫でつくる氷が白く濁る理由、その味に最悪の影響をもたらす理由について説明していきます。

理屈はどうでもいいから美味しい氷を作りたい

という人は、ここの部分は読み飛ばしちゃってください。

氷の重要性

当たり前ですが、氷は液体より温度が低いので、飲み物に入れた瞬間溶け始めます。

なので、ハイボールなどのカクテルだけでなく、コーラやカルピスにとっても、氷はかなり大きく飲みものに味付けするものになります。

バーテンダーの世界では氷はお寿司のシャリに当たると言われているそうです。お寿司の世界では、お寿司の出来はシャリが6割を占めるとも言われます(諸説あります)。それくらい大事ってことですね。

これは20年近く毎日毎日家でカクテル(主にハイボール)を作ってきた僕の実感とも一致します。ボトルで500円とか1000円とか高いウイスキーを奮発して買うより、安いウイスキーと良い氷でハイボールを作ったほうが美味しいことが多い。

冷凍庫で作った白濁した氷はです。

外の飲食店でこの白濁した氷を出すところはさすがにほとんどありませんが、喫茶店のアイスコーヒーに入っている透明だけど中に空洞が作ってある氷ありますよね。


↑こういうやつ

あれは飲食店用の自動製氷機で作っている氷で、冷凍庫の白濁氷よりはましですが、非常に溶けやすいので、ダメです。普通の値段でお酒を出す店で自動製氷機の氷を使う店に僕は行きません。

良い氷とは?

では良い氷とは何なのかというと、

・雑味がない
・溶けにくい

氷です。この2点を追求すると透明になるだけで、透明なことが大事なわけではありません。見た目はキレイですけどね。

雑味の原因は水道水に含まれる塩素などの成分です。日本の水道水は世界でも珍しい、国中どこでもそのまま飲めるとても優秀なお水ですが、蛇口から出てくる時点での塩素濃度などが決められているので、必ず塩素などの水からすれば不純物が含まれています。

この不純物は、凍るのが遅く、溶けるのが速い性質を持っています。つまり、飲み物に入れるたときには、

濃縮された臭い不純物から飲み物に混ざっていく。

という現象が起きています。飲み物を台無しにしてしまうわけです。この不純物が入っていない氷を作ると、結果的に透明になるわけですね。

また、透明な氷は結果として「溶けにくい」氷になります。

氷って見た目は同じようでも溶けにくい、硬い氷というものがあります。不純物がなく、ゆっくり凍らせた氷です。こういう話をすると、

そんなに溶けるのがイヤなら保冷剤を使えばいいじゃん。

という声も聞こえてきそうです。

今はこういうのが売ってますので、単純に温度を下げるだけならこういったものを使えばいいわけです。繰り返し使えますし。

しかし、きちんとしたバーで、こういったものをハイボールやジントニックに使うことはありえません。なぜなら、氷にはゆっくり加水して味の変化を楽しむという側面もあるからです。

だからいわゆるオーセンティックなバーでは氷にこだわりまくり、店によっては製氷機械を自分で持ってたりするわけです。

氷もカクテルの味を左右する重要な材料ということですね。

冷凍庫の氷は悪

そういうわけで冷凍庫の氷は

・溶けやすい
・不純物だらけ
・濃縮された不純物から飲み物に混ざる

という最悪の代物だと理解していただけたかと思います。

ひとり家飲みのレベルを劇的に向上させる「完全に透明な氷」の作り方

さてそれでは実際に作り方をご説明しますが、実はこれはとあるYouTuberが動画で紹介してくれています。

もともとは外国の方が英語で紹介していたものを日本語で紹介してくれている動画がコチラ。

ご本人も「海外のやつを日本語にしただけの丸パクリ」とおっしゃっていますね(笑)

簡単にステップをまとめると、

・クーラーボックスに水道水を入れて冷凍庫にいれ、24~27時間まつ。
・半分ほど凍った段階で取り出し、凍ってない部分の水を捨てる。
・形を整えて、再度冷凍庫で冷やし直して完成。

というだけです。

理屈としては、

・ゆっくり凍らせると、ピュアな成分から凍るので不純物を追い出せる。
・クーラーボックスにより上面のみに冷気があたり、上からゆっくり凍らせることができる。
・再度凍らせて、氷を引き締める

という感じです。

ゆっくり凍らせるほど完璧に透明になるので、理想的には冷凍庫の温度設定を高くしたいところですが、他の冷凍食品などとの兼ね合いもあると思うので、通常のままで大丈夫です。

ちなみに僕は1ルーム一人暮らしなのに、お酒専用の冷蔵庫があるのでそこで最高の温度設定にして毎日作っています(笑)

透明な氷は本当にキレイで眺めるだけでも嬉しくなりますよ!

クーラーボックスはホームセンターに売っている発泡スチロールでも良いのですが、なんとなく気になるので、僕は動画内と同じものを使っています。

要するに上面以外の冷気を遮断できれば何でもいいので、発泡スチロールの中にプラスチックのタッパを入れるとかでもOKです。

作った氷の扱い方、使い方

さて、せっかく出来た氷ですから、ムダにしないように美味しく頂きたいものです。ポイントとしては、

・グラスに合わせてできるだけ大きく形を整える。
・必ず冷凍庫で再度凍らせる。
・表面の乾燥に気をつける。

です。

グラスに合わせてできるだけ大きく形を整える。

できるだけゆっくり溶けてほしいわけですが、氷は小さいと表面積が増えるので溶けやすくなります。

コチラは僕が運営するホテルのお客様向けインスタアカウントですが、銀座発祥のオーセンティックバー「STAR BAR」さんのジントニックとモヒートです。

モヒートはクラッシュドアイスを使うので細かい氷ですが、左上ジントニックの氷見えますでしょうか?見えづらいですよね。

これはSTAR BARさんの名物カクテルで、グラスより一回りだけ小さい円柱の形をしたでっかい氷が一本入っているんです。

氷の重量に対して、最小の表面積になるので究極に溶けにくい氷の形です。氷は大きければ大きいほど溶けにくいとおぼえておいてください。

で、氷の形を整えるときにはアイスピックを使います。バーのように丸くする必要はないのでそこまで難しくはないのですが、動画でも紹介されているコチラの3本刃のアイスピックがおすすめです。直線で氷を割りやすくなるので圧倒的に捗るので、僕は2本持っています(^^)

アイスピックで形を整えたら、そのまま使うのではなく、必ずもう一回冷凍庫に入れて凍らせ直してください。これをすることで氷が締まって、更に溶けにくい良い氷になります。

個人的にはスーパーで売っているロックアイスより自作の氷のほうが美味しいです。溶けにくいからでしょうね。ただ、スーパーで売っている板氷には少し負けている気がします。水や凍らせ方など、プロのノウハウが有るのでしょうね。

氷の使い方

凍らせ直したらいよいよ使ってみましょう。ハイボールなどのカクテルにも良いですし、アイスコーヒーやカルピス、コーラなどのソフトドリンクの味も格段に上がりますので是非お試しください。

注意点

・ハイボールなどの場合は必ずお酒を先に入れて、氷全体を湿らせる。
・それ以外の炭酸飲料の場合は、氷の表面の乾燥を溶かす。

氷の表面が乾燥していると、炭酸がぶつかったときに泡立って炭酸が死ぬからです。

ハイボールやジントニックならお酒で湿らせてあげて、コーラや缶チューハイの場合は、グラスを冷やすためにもステア(グラスの中で氷を回転させること)してあげましょう。溶けた水は捨てるのを忘れずに!!

下記の動画は先日アイスコーヒーを入れたときのものです。豆から入れて冷やしておいたコーヒーを柱上の透明氷に入れるわけですが、あまりにも美味しいので、最近はヘタな喫茶店でアイスコーヒー飲めなくなってしまいました(笑)



もちろんカクテルだけでなく、ウイスキーや焼酎をロックで飲むのも格別の味です。なんにでも使えるのも嬉しいところですね。


↑ジャックダニエルのオンザロック

まとめ

熱く語ってしまいましたが、氷は飲み物にとってそれくらい大切なものです。僕はこの氷を使うようになって家で毎日飲むウイスキーがジャックダニエルからブラックニッカに変わりました。

まずい氷だと味がしっかりしたバーボンでないとハイボールが美味しくなかったのですが、この氷ならブラックニッカのような安いウイスキーでも十分に美味しさが引き出せます。

より繊細な味わいのスコッチにも大きな効果を発揮します。

もちろんジャックダニエルも大好きなウイスキーですが、3リットルで6,600円以上するので、4リットルで4千円以下のブラックニッカでも楽しめるようになったコストダウン効果はかなり大きいものがあります。

この効果を考えると、クーラーボックスやアイスピックなどの投資分はすぐに回収できますので、是非試してみてください。

大げさじゃなく家飲みライフが変わりますよ!!

ありがとうございました!!