純ジャパでも英語は話せるようになるのか論争に答えを出します。

最強英語学習法 酒呑み英語

怠け者英語学習者「純ジャパの僕でも英語を話せるようになるのかなぁ?どうしたら良いんだろう?」

  • そもそも純ジャパってなんなの?「英語を話せる」の定義もしっかりしよう
  • なれます。留学やワーホリの実態と必須ではない理由
  • 純ジャパでも英語で仕事ができるレベルになる最強学習方法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

そもそも純ジャパってなんなの?「英語を話せる」の定義もしっかりしよう

いきなりですが、「純ジャパ」ってなんなんでしょうか?(笑)ググってみたら「純ジャパという言葉が嫌いだ」というブログの記事が出てきましたが、僕も結構違和感は感じています。

純日本人ということですよね。これは人種や血統のような差別的な意味じゃなくて、

帰国子女でなく
インターナショナルスクール出身でなく
親が日本語しか話さない
留学経験者ではない

くらいでしょうか。4つ目はグレーゾーンな気がしますが、なぜだかワーホリ組はいつも「純ジャパ」に分類されているような気がします。ま、厳密な定義が存在するわけではないからしょうがないですが。

要するに「自然に英語を身につけられる環境に育ったわけではない」日本人という意味でしょうね。

ちなみにハーフや帰国子女の人たちもまた違った苦労をしてきているので、

「お前は何の努力もせずに英語できてずるい」

みたいな言い方はやめましょう。深く傷ついてるもしくはめっちゃ怒ってます(笑)

「英語を話せる」ってどういう状態?

これが定まってないことが英語学習が挫折しやすい一因だと思っています。もしあなたが義務教育をそれなりに理解してきていたらなら、実は既に英語を話すことが出来ます。

ラーメンが食べたい
I want to ramen.

くらいは言えたりしますよね。「何だよそれだけじゃ意味ないよ」って思うかも知れませんが、同じことができる外国語が1つでもありますか?

僕は今でこそ中国語も多少話せますが、英語学習を始めたときには何もありませんでした。でも英語なら言えます。過去形にも未来形にも疑問形にも出来ました。これって凄いことですよね。

なので、最初に「英語が話せる」という目標を決めてしまうと良いと思います。

1. 英語でメールのやり取りができる
2. 街にいる外国人に道案内ができる
3. 英語で短時間談笑できる
4. 英語で2−3時間飲み会ができる
5. 仕事で英語を使える
6. 英語専門職を目指す(通訳とか翻訳)
7. ネイティブと同じになる

内容によるので完全にレベル順ではありませんが、こんな感じでしょうか。僕はまず4を目指すことをおすすめしています。元の英語力にもよりますが、早い人は半年位で到達できると思います。

もちろんお酒じゃなくて、お茶会でも良いのですが、これができると飛躍的に楽しさが増すこと、ここまで行けばもっと上を目指したくなっても土台として十分になるからです。

死の谷

死の谷ってもともとベンチャー企業が大量に潰れるフェーズで、ここを超えればしばらく生き残る、みたいなポイントなのですが、英語にも死の谷がいくつかあります。

多分その最後の死の谷が、4になると思うんです。4までいっちゃえば普通に英語を使う分には苦痛はなくなるし、「英語で英語を教わる」ことができるようになるので勉強するのも楽に、効率的になるからですね。

そんなわけで、是非4を目指して進めてみてください。

なれます。留学やワーホリの実態と必須ではない理由


必須じゃないけど、楽しいは楽しいです。

で、結論ですが、純ジャパでも英語を話せるようにはなります。僕自身がまさにそうなのですが、現時点では5.仕事で英語を使える と言った段階です。

出来てないかも知れませんが、仕事は成立してるのでまぁ出来てることにしても起こられないと思います(誰に?)。

一応英語を話してる動画をあげておきます。これは「アドリブで」がテーマだったので、トピックだけ決めて即興的に話しています。

「しょぼい英語」ではありますが、これくらいでもまぁ仕事はなんとかなります(もちろん仕事にもよりますが)。

ワーホリについて

僕自身はニュージーランドにワーホリに行ってきています。約1年間。

「なんだよ英語圏にいたのかよ、じゃあ喋れるよね」

ってよく言われますが、これは幻想です。日本でも現代に置いては現地にいる以上に大量の英語を浴びることが可能なので、実はアドバンテージにはあまりなりません。

現に、ワーホリ1年程度の人たちで「ほぼ」何も話せない状態で帰国する人はたくさんいます。

語学留学やワーホリをする人って英語だけじゃなくて、外国や異文化みたいなものも好きだから外国に行くっていう側面もあると思います。

ワーホリや語学留学の実態

詳しくは一本記事があるのでそちらを見て頂ければと思うのですが、簡単に言うと

「思ったほど生の英語に触れるチャンスがあるわけじゃない」

です。

語学学校の先生の英語は普通より聞き取りやすいはずですし、向こうも日本人の下手な英語になれてるので聞き取ってくれるでしょう。

でも実際英語を使うときの相手は、「日本語を話せない普通の人」なので速い、訛る、聞き取ってくれないの3重苦です。

もちろん現地にいることのアドバンテージはありますが、僕自身英語力が一番伸びたのは帰国後自分で勉強してからだと思っています。

ワーホリや語学学校ってライザップみたいなものかも知れません。自分の気持ちにブーストをかけるとか。ダイエットが自分だけでもできるように、純ジャパでも国内で英語を覚えることは可能です。

純ジャパでも英語で仕事ができるレベルになる最強学習方法

じゃあ実際どうやって英語を覚えるのか、という話に進んでいきます。まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること!

くらいにしておきましょう。まずは意思疎通できるところまで到達することが一番重要です。英語を極めたくなったらその先も十分独学で進めていけるでしょう。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!!