megafeps メガフェプスって何の呪文?動名詞に関係あるらしい。

最強英語学習法 酒呑み英語

日本人英語ラーナー「塾でメガフェプスを覚えろって言われたんだけど、何の呪文だ。。?」

と言った疑問に答えます。

  • megafeps メガフェプスってなに? 動名詞?
  • 受験には重要で、英会話にも・・・・
  • ついでに伝える最強の英語学習方法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで一部上場企業に就職
・海外営業部→経営企画室で海外事業を多数経験
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしていて、
・初めて受けたTOEIC模試は855〜900でした。

です。

megafeps メガフェプスってなに? 動名詞?

最初に白状しておきます。僕は10年以上仕事で英語を使っていますが、このメガフェプスというのは知りませんでした(笑)受験のときに習う言葉のようなのですが、記憶の彼方に消し飛んでしまったようです(笑)

megafepsは下記の単語の頭文字をつなげたもので、

Mind 気にする
Enjoy 楽しむ
Give up 諦める
Avoid 避ける
Finish 終える
Escape 逃げる
Postpone 延期する
Stop 止まる、やめる

で、「動名詞しか目的語に取れない」他動詞だそうです。

いやそれなんやねん(笑)その日本語がわからんわ!

もう一個白状しますが、僕これ試験に出されたら多分間違えまくると思うんですよ。10年以上英語で仕事をししても、日本人の中では英語は話せる方でも、そんなもんです。皆さんご安心ください。

動名詞だの目的語だの他動詞だのというわけわからん専門用語が英語嫌いを量産していると思っている派なので、ここからさきは専門用語なしで行きます。

Stopがわかりやすいから例文にしよう

僕らが日本語で話してるときに、「この動詞はえーっと」などと思っていないように、英語ネイティブもいちいち意識してません。

例文で感覚的に理解してから専門用語に置き換えるほうが近道な気がします。専門用語ってわかりやすいから使われてるわけじゃなくて、教えやすいから使われてると思うんですよね。

megafepsはそのあとにto~とつなげてしまうと意味が変わってきてしまう単語たちです。

I stopped playing baseball.

これを見て和訳するのは結構簡単だと思います。

私は野球をするのをやめた。

じゃあ、

I stopped to play baseball.

だとどうなるでしょう。同じような感じもしますが、

私は野球をするために止まった。

となります。to play baseballのためにstopしたというイメージですね。

まだ分かりづらいですよね。分かりづらい英語の文て、実は単語を足してあげるとわかりやすく変身します。

I stopped at the station to play baseball.

こうすると、野球をするためにその駅で止まった感じがわかりやすいと思います。駅で止まるってお前電車の運転手かよって感じですが、それは勘弁してください(例文ミスったな・・・くそ)。

I finished playing baseball.

I finished my homework to play baseball.

のほうがわかりやすいかな。

単語を足してあげると文法って理解しやすい(二度目)

繰り返しになりますが、単語を足すと文法は理解しやすいので、クセをつけると良いと思います。ごく簡単な文章でも、

I play baseball.
I am playing baseball.

とかでも、

I play baseball on every Monday.

とすれば、習慣を表すことが理解しやすいし、

I am playing baseball right now.

とすれば、あぁ今まさに野球やってんだな。ってことがわかると思います。見りゃわかることなので、外野手が電話相手に話してる感じでしょうか(笑)

受験には重要で、英会話にも・・・・重要?

これは中学2年生で習う英文法のようなので、高校受験に使うことが多いのだと思います。

僕は都立高校の過去問は、やった分だけ全部100点でしたし、第一志望の私立にも英語で稼いで合格しました。

で、後にニュージーランドに住んでみたりして色んな仕事で英語を使ってきたのですが、つい最近までこれ知りませんでした。

実際に面と向かっての英会話なら、これ間違えてても文脈とニュアンスでわかってくれるからだと思います。

もちろん違和感は与えてしまうでしょうが、あまり細かい文法を考えすぎて結局話せなくなっちゃうのが日本人の特性なので、実際話すときはそんなに神経質にならなくても大丈夫ってことを頭の片隅においてみてください。

入試の場合は選択式の問題もあるし、キッチリ覚えておきましょう!

ネイティブに質問してみた

ただ、日本には「文法ポリス」と呼ばれる、頼みもしないのに文法の間違いを指摘してくれる迷惑な人達がいるので、こういうの間違って書いたりすると指摘されたりします(笑)

そんなことネイティブも気にしてないのに案件なわけですが、せっかくなので今回のmegafepsについても聞いてみました。

聞いた相手は日米ハーフで、英語ネイティブで日本語も流暢なうちの元スタッフ。

「Stop playingとStop to playをいい間違えてたらやっぱり気になるもんなの?」

と聞いた回答が、

「ほぼ同じじゃね?(笑)僕は全然きにしないよ~。」

でした。

文法ポリスの皆さん乙です!(笑)

受験に限らず試験対策の場合は正確さが求められるとは思いますが、英会話においてはあまり考えすぎずに、ドンドン話してみてくださいね!

ついでに伝える最強の英語学習方法

せっかくなので最後にバランス良く英語力を伸ばす方法をご紹介したいと思います。

基礎文法として中学の英語を理解してから、最短距離でナマの英語で4技能を鍛えられる組み合わせになっています。

まずはこの方法で、「とりあえず自分の言いたいことは言えて、会話できるようになる」くらいまで英語力を上げて、そこからは写経や他の勉強方法などを取り入れることで更に飛躍できると思います。

僕がこの15年間英語と関わりながらたどり着いた最高の方法。なにも売りつけませんし、無料体験を上手く使ってほとんどお金もかからず実行可能になっていますので、是非下記のリンクから「最強学習方法」の記事をご覧ください!

【 決定版 】日本国内で「しょぼい英語」を身につける方法【 マジで出来ます 】

Thank you for stopping by!!