英語がペラペラになるまで何年かかるのかという永遠の問いに鮮やかに答えます。

最強英語学習法 酒呑み英語

英語ドリーマー「英語って憧れるけどペラペラになるまで何年かかるんだろう?」

  • そもそも「ペラペラ」って何語?
  • 経験談:レベル別言われるまでの期間。
  • より自由に話せるようになるために。

コレを書いている僕は、

・24歳から独学(ワーホリ含む)で覚えた英語のおかげで就職
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

そもそも「ペラペラ」って何語?

英語に関して話す時に日本人が必ず使うこの「ペラペラ」という言葉ですが、そもそも「ペラペラ」ってどういう状態なのでしょうか。辞書で引いてみると

(1)流暢に喋るさま、多弁な様子。外国語が達者なさま、または、軽薄な調子で喋る様子などを表すことが多い。

とあります。

多弁はともかく、流暢や達者、というのははっきりした基準がないですよね。そうなんです。「ペラペラ」って実にあいまいな言葉なんです。

しかも「ペラペラ」だと評価してる側の人は、ほとんどの場合英語のネイティブではないんですよね。

あいまいな英語力の人が、あいまいな定義でもって、あいまいに「ペラペラ」と評価をしている状態なので、もう全てがあいまいです(笑)

アドリブか、音読か。

英語ペラペラで検索すると、「私がペラペラになるまで◯◯年かかりました。」かいてあり、その方が英語で話している動画を掲載してたりしますが、これはちょっとずるいですね(笑)

これはtwitterの#2分スピーチという企画に乗って、話してみたものですが、コンセプトが「話す内容は準備せずアドリブで」だったので原稿がありません。

もちろん「カメラについて話す」ことは決めているので、完全にまっさらではありませんが、それぞれの文章はその場で即興的に作りながら話しています。

ただ「英語ペラペラ」アピールをするために作られた動画は「既にある文章の音読」だったりするので、この場合発音も含めて数段階うまくできるようになるはずです。

英語に限らず「会話」というのは原稿が用意されたスピーチとちがって、アドリブで話すものです。

僕の動画を見て上手いと思う人も下手だと思う人もいると思いますが、その前提として、アドリブなのか原稿の音読なのかも確認してみると良いと思います。

ちなみに僕自身は自分が「英語ペラペラ」と思ってませんし、「しょぼい英語」を自覚してます。そのうえで、それでも人生楽しいし、仕事にも使えるよということをお伝えしています。

ペラペラであるかどうかには何もこだわってないから気楽にアドリブ動画を出しちゃったりしている次第です(笑)

経験談:レベル別言われるまでの期間。

とはいえ、ペラペラになるまでの期間についても経験談からお伝えしておこうと思います。僕が今までにペラペラと言われたのは以下のパターンです。

・全く英語を話せない日本人。
・英語を話せるけど、あまりうまくない日本人。
・僕よりだいぶ上手い日本人。
・日本語も上手な日米のハーフ。

お気づきでしょうか。

僕と同じくらいの英語力の人にだけ言われたことがないんですよ(笑)

英語学習ジャパニーズはプライド高めな傾向は確かにあるかも知れませんww

僕は英語力についてはもうプライドも執着も全く無いんで、初心者でも上級者でも「上手ですね」と伝えることにしています。ネイティブ相手ですら、発音がきれいな人はそれを伝えます(結構喜びますよ)

それで相手のモチベーション上がるんだから、コストゼロで良いことした気がして気持ちが良きです。

それではパターン別に言われるまでの期間をお伝えしてきます。

全く英語を話せない日本人。

これはバーで出会った外国人と話している時に、それを見ていた友達に

「すげーなペラペラじゃん」

と言われたときです。

何年目とか言う以前に、「別に英語の勉強なんかしていなかった」時期なので、ペラペラと言われるまでに要した時間は「ゼロ」でした(笑)

もちろん当時の僕は普通の日本人と同等の「ほとんど何も話せない」レベルですが、もともと人と話すのが好きなので、酔ってることもあり、単語を並べてなんとか意思疎通してただけ。

めにーめにーぴーぷる」とかいいながら(笑)

「ペラペラ」が実にあいまいな定義かよくわかりますよね。先日ツイッターでもこういった話題が上がっていたのですが、それに対して僕がリプしたのがこちら。

冒頭に触れたとおり、決まった簡単な文章を流暢に言うだけなら正直誰でもできるので、試しに1〜10まで練習してみてください。30回も言ってるうちに多分「ペラペラ」な感じの発音になってくると思います。

英語を話せるけど、あまりうまくない日本人。

僕はニュージーランドに1年間遊びに行ってそこで英語を勉強していました。

英語を覚えるために徹底的に日本人を避けていたのですが、どうしてもたまに遭遇するので、そういった時に言われたんだと思います。

はっきりとは覚えてないけど、3ヶ月くらいかな。。。とはいえ学習開始前から言われたこともあるので、これもまたあいまいな定義ですね。

ワーキングホリデーは英語力に関係なく誰でも取れるビザなので、本当に中学3年間全く授業聞いてなかったみたいな人もいるので、「ペラペラと言われるまでタイムチャレンジ(笑)」に関しては実は日本と全然かわりません。

とはいえ、それなりに話せる日本人に言われるようになったのは3〜6ヶ月くらいかなと記憶しています。

ただ、言語力ってそれぞれ得意分野があるので、人にもよります。自己判断ですが、僕はスピーキング、ライティング、リーディング、リスニングの順番で得意です。

もともとよく喋るし、基本よっぱらってるからアウトプットする量が多いんですね(笑)

女性によく見られるパターンはリスニングが強いひと。本当に不思議なんですが、話すのは苦手なのに僕より遥かに聞き取れる女性ってすごくたくさん見ます。本当は話せるのにシャイなだけかも知れませんね。

全体的にリスニングは女性の方がレベル高いと思います。(というか力仕事を除いて全体的な能力が女性の方が高い気がしています)

僕よりだいぶ上手い日本人。

日本に帰国したあとも英語を使う仕事ばかりしているので、当然僕より英語が上手い日本人とも遭遇します。

こういう人たちは余裕なので結構褒めてくれますが、よく言ってもらえるようになったのはオーディオブックを聞きまくって勉強してしばらくしてなので、多分学習開始から2年位かな。

でもまぁこれは僕が初心者に「めっちゃ上手いじゃん」とか言うように、励ましみたいな意味合いも含まれていると思います。

何事も上級者は余裕がありますよね。

でも上手い人に褒められると嬉しくてもっとやろうと思えるので、もっとみなさん褒めてください(笑)

日本語も上手な日米のハーフ。

これは勉強開始してからちょうど10年ですね。ハーフの人に出会う確率もそうでうすが、これを言われる前提に「日本語で会話している」がありますので、全然日本語できない日系人とかは言われるすべもありません。

彼は日本に住んでいるので、一般の日本人に比べると上手という意味で褒めてくれたんだと思います。

ただし、ペラペラとかいいつつ、普段の僕らの会話は「ほぼ日本語」なので、全然まだまだということを話すたびに証明している側面もあるので悲しいは悲しいですねw

より自由に話せるようになるために。

いかがでしたでしょうか。「ペラペラ」が実にあいまいな評価基準だということが伝われば幸いです。

大事なことは「今より上手に」というよりも「今より自由に」話せるようになることだと思います。

理想的にはネイティブと同等になることですが、大人から学習をはじめて外国語をネイティブレベルに持っていくのは相当難しいです。というか不可能だと思っています。

ただ、ストレスを感じない程度に自由に話せるようにはなれるはずなので、僕もスローペースながら学習を楽しみながら続けています。

日本でも「ペラペラ」に近づける勉強法

じゃあ実際どうやって英語を覚えるのか、という話に進んでいきます。まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること!

くらいにしておきましょう。まずは意思疎通できるところまで到達することが一番重要です。英語を極めたくなったらその先も十分独学で進めていけるでしょう。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!!