英語ができない理由。それはわからない理由をわかってないから!

最強英語学習法 酒呑み英語

日本人英語ラーナー「あーまた英語でなんて言っていいかわからなかったなぁ。どうしたら良いんだろう?」

  • 一般的に言われる日本人が英語ができない理由
  • 英語ができない理由は、その理由をわかってないから!
  • 基礎から英語力を上げていく、最強学習法

コレを書いている僕は、

・24歳から独学で覚えた英語のおかげで一部上場企業に就職
・海外営業部→経営企画室で海外事業を多数経験
・海外駐在員を経て独立、現在は外国人向けホテルの運営
・10年以上ずっと英語を使って仕事をしています。

です。

一般的に言われる日本人が英語ができない理由

twitterをながめていたらとても同感できるツイートが流れてきました。英語も堪能で、有益ツイートをたくさんしてくれているAyumuさんのツイートです。

ボク自身の経験にも思い当たる節がたくさんあって、首がもげるくらい頷きつつ、同意します(笑)

語学に限らず、問題が起こったときは、その原因が何であるのかを切り分けるのは非常に重要です。

エンジンが壊れている車のタイヤを交換しても意味ないわけですから、まずは問題点はエンジンであるということにたどり着かなければいけません。

よく勘違いされる英語がわからない理由

ところが、会話で使っている言語が英語になった瞬間になぜか、「すべての原因は英語力である」みたいな勘違いをしがちです。

僕もしましたし、僕の周りの日本人にも良く見られる現象でした。

良く言われるのは、

・単語力が足りない
・リスニング力がないから聞き取れない
・スピーキング力が無いから表現できない
・リーディング力が無いから読んでもわからない

もちろんそういう時はたしかにあります。というか、英語学習の初期の段階においてはほとんどそういった理由で英語がわからないのも、ずっとそう思い込む原因なのかもしれません。こういうのをバイアスと言います。

この場合は「自分の英語力が低いせいでわからないんだろう」と思いこむことですね。

最近大好きでよく見ているだいじろーさんの動画ですが、興味深い試みをしています。

イギリス人とアメリカ人にカタカナ英語で話したらわかってくれるのか。

です。面白い動画なので是非見てみてもらいたいのですが、実はここにもバイアスがかかっています。

バイアスがかかっていると、真実や正しい原因とは違った結論に達することがあるので、バイアスの有無を意識することは非常に重要です。アンケートなども同じですね。(※動画自体に文句つけてるわけじゃないですよ、念の為。)

この場合のバイアスは、

・動画撮影をしている
・これから「日本語発音で英語を話す」ということを知っている
・だいじろーさんは英語がめちゃくちゃ上手

これだけ前提条件が一般的な状況とは違うので、その分を考えて(割り引いて)受け取っておかないと現実とのギャップに驚いちゃうかもしれない。ということです。

「教育熱心な家庭の子供の偏差値が高い」のと「聞き取ろうと努力している外国人のリスニング力は普段より高い」のはある意味で同じ現象ってことですね。

英語ができない理由は、その理由をわかってないから!

では、英語ができない理由をキチンと切り分ける方法、取り払うべきバイアスはなんなのでしょうか。

日本語ならわかるという思い込み

です。少しキツイ言い方になってしまいますが、

「そもそも日本語でも理解できてないことを英語で理解できるわけない。」

んですよね。

割と最近あった例

コロナ直前にとある飲み会みたいな感じの集まりで、イギリス人と話し込む機会がありました。

たまたまこの人がビジネスコンサルタントみたいな仕事をしている方だったので、会話の内容がかなりマーケティングや統計、財務会計みたいな内容になっていきました。

僕も個人事業主として興味がある分野なので、大いに話が盛り上がり、ついでに僕の事業へのアドバイスなんかももらっていました。

で、横で聞いていた結構英語を話す女性が一言

「あーやっぱり英語ぜんぜんわかんなーい!」

と。

これがバイアスです。

大人同士の会話でその専門分野の話になってしまうと、その内容は「日本語でもわからない」内容になります。

逆に彼女の専門分野についての話になっていたら、僕はきっと全くついていけなかったでしょう。そういうこともいくらでも起こりますが、その時僕はキチンと諦めます(笑)

だって「日本語でもわからない」内容だからw

不思議と英会話の話とか、外国に旅行に行ったりすると、いつの間にか

「日本語だったら何でもできるスーパーマン」

と勘違いしてしまう事象が結構誰にでも起こります。僕にも起こりました。

このあたりが、「英語がわからない理由をキチンと特定しておくべき」という今回の記事でお伝えしたいことです。

基礎から英語力を上げていく、最強学習法

とはいえとはいえ、英語力がより高いほうが、類推する力も上がりますし、多少知らないことでも突っ込んで教えてもらったりすることもあるので、英語力が高いほうが有利なことに変わりはありません。

この記事の終わりに、僕がここ15年実践しつつ練り上げて来た勉強法をお伝えしたいと思います。

僕は「通じればオッケー」精神でサボっているので「しょぼい英語」で止まっていますが、コレを継続してたらかなりの上級者になれることは確信しています。

お金もかからないし、自宅でできる方法ですので、是非お試しください!

英会話習得法

まずはマインドの設定として、

・下手でも伝わればOK
・目的は意思疎通すること

くらいにしておきましょう。それでとりあえず「楽観的に行動しまくる」ことは可能になります。

そのマインドを設定した上で、

①中学英語の復習
②オーディオブック&洋書で圧倒的なインプット
③オンライン英会話で「英会話力」に変換

この3ステップをぐるぐる回してみてください。お金もほとんどかかりませんし、半年もやってくれれば確実に別人の英語力が身につきます。
それぞれの項目については記事を用意してあるので、下記記事を是非御覧ください!

①:中学英語のおさらいにオススメ!:スタディサプリEnglishって効果あるの?。【 実際使ってみた 】

②:最強の英語勉強法!インプット編!【 コスパも最強!お金かけても無駄です 】

③:最強の英語勉強法!アウトプット編!【 オンライン英会話を使いたおす! 】

Thank you for stopping by!!