三線とギターの相性の良さを徹底解説!!

ギターと三線と沖縄音楽と ギターと三線と沖縄音楽と

沖縄といえば、青い海と温厚な人々。泡盛に沖縄料理。そしてなんと言っても「沖縄音楽」。その沖縄音楽に何より欠かせない楽器である三線ですが、実はギターとめちゃくちゃ相性が良いのが意外と知られていません。

例えばBeginや夏川りみなどの沖縄ポップスを三線で演奏して歌ってみると、もちろんとても楽しいのですが、どこか寂しい感じがありませんか?

そこを埋めてくれるのがギターなわけです。今日は三線とギターの合奏の楽しさとその理由について解説していきますので、三線の方もギターの方も、またピアノの方でも同じことができますので是非ご覧ください。

  • 三線と歌の沖縄ポップスがどこか寂しい理由
  • ギターかピアノと一緒に弾いてみよう
  • さらに「三線×ギター」の世界をみてみよう

三線と歌の沖縄ポップスがどこか寂しい理由

ギター 三線 電子書籍

さて、そもそも伝統的な沖縄音楽にはギターなんて入っていません。なので、当たり前ですが伝統的な沖縄民謡なんかだと寂しく感じることはありません。そもそもそういうものですから。

ところが沖縄ポップスは音楽の構造としては西洋音楽として作られているので、「三線と唄だけ」でやってしまうとどうしても「スカスカ感」が出てしまいます。

これはもう技量とかの問題ではなくて、例えばオリジナルテイクの「島人ぬ宝」には

・ドラム
・ベース
・アコースティックギター
・エレキギター
・三線
・コーラス2本
・指笛
・オルガン
・ピアノ

少なくとも今聴き返して拾えるだけでこれだけの楽器が入っているので、「三線と唄だけ」で再現するのはそもそも無理があります。

「ねぇ、あの楽器は何のためにいるの?」

とかストレートに存在価値を疑われがちなベースですが(かわいそうに・・・)、実際にいなくなると途端に寂しくなる、長年付き合った恋人のような超重要な楽器だったりするわけです。

じゃあ全員集めるかと言うとそれはそれでだいたい不可能なので、一番最初に足したい音。それが和音=コードなんですね。

こちらはあるシンガーが遊びに来てくれたときに録った「ギターと唄だけ」の演奏ですが、「三線と唄だけ」に較べると「埋まってる感」があると思います。

三線には無い、「低音」と「和音」が追加されているからです。でもこれだけで沖縄音楽をやると、今度は肝心の三線の音が誰も出せないので、「唄&三線&ギター」がとてもコストパフォーマンスの良い編成になるというわけです。(もちろん島大鼓なんかもいてくれるとモアベター(古い)です。

なお、「楽器の王様」ことピアノでも全く同じことができると言うか、もっと幅広い演奏ができるのですが、三線を演奏する場にピアノがあることがなかなか少ないので、持ち運びできるギターのほうが何かとフットワークが軽くなるのかなと。

ギターかピアノと一緒に弾いてみよう

ギター 三線 電子書籍

そういうわけなので、三線を弾く方、弾いてみたい方は是非ギターやピアノと一緒に演奏してみてほしいなぁ。

僕はたまに三線のレッスンにお邪魔して伴奏を付けたりしますが、自慢話でもなんでもなくシンプルにすごく喜んでもらえます。

25年ギターを弾いていても、これだけ喜んでもらえることって稀だよなっていうくらい喜んでもらえるので、ギターやピアノの人にもすごくオススメです。だってコード弾いてるだけですからね(笑)

どうやってやるの?

じゃあ実際どうやってやるかですが、今回話題の「沖縄ポップス」については超簡単です。

今はスマホで検索するとすぐに「コード進行」という「伴奏するための道標」みたいなものが出てくるので、それを見ながら弾けば、その途端により楽しい「沖縄音楽の世界」が出現します。

個人的にオススメなのはU-FRETというサイト。カラオケの用にキーを変えたコードも瞬時に出してくれますし、演奏中画面を触らなくても良いように、画面が自動でスクロールもしてくれます。

僕がはじめて三線のグループに言って即興で伴奏をして、そしてとても喜んでもらえた時もこのU-FRETでBeginや夏川りみの曲のコード進行を調べて弾いたときでした。

三線の方からすると意味不明な記号の羅列ですが、ギターやピアノの人は慣れっこなので、少し練習さえすれば伴奏はできるようになるはずです。

さらに「三線×ギター」の世界をみてみよう

ギター 三線 電子書籍

三線というのは日本にある音楽の中でもとても特殊な立ち位置にいる楽器です。

津軽や京都でよく見られる三味線もとても素敵な楽器ですが、「みんなに親しまれているJ-POP」の中に入っていることはあまりありません。

Beginに代表される沖縄ポップスミュージシャンや、砂浜で三線を弾くCMで爆発的に露出を増やした桐谷健太さんなどのおかげで、「古典楽器なのに国民全体に認知されている不思議な楽器」と言えます。

そんな「沖縄音楽・三線」と僕は「ギタリスト」という立場で関わってきました。

ギタリストが三線と関わるというと、正直申し上げて

・片手間
・全然沖縄っぽくない
・(三線は初心者なのに)俺のほうが上手いという自慢話

というネガティブな印象になりがちですが、僕はギタリストのまま「沖縄音楽」と関わり続けています。

一応三線も弾いたりしますが、あまり喜ばれないのでやりません(笑)

さて、ここで宣伝です!すいません!(笑)

そんな僕が関わったとても素敵な沖縄音楽についての電子書籍を書きました。

一応500円で販売していますが、コチラの記事を参考にしていただくと無料で読んで頂くことができますので、是非ご覧いただければ幸いです。

本当のところこの本の売上は全く期待していなくて、少しでもこの楽しい沖縄音楽の世界を知ってもらえればという想いで出版しましたので、是非お手にとっていただければと思います。

よろしくお願いいたします!!

オススメの記事:出版記念!「みんなが幸せになれる沖縄三線の世界」無料でも!