【 沖縄音楽ギタリストが解説 】三線教室は通うべき?【必要?】

ギターと三線と沖縄音楽と ギターと三線と沖縄音楽と

どうも、三線とギターの沖縄音楽ユニット「井星」ギタリストの星です。「みんなが幸せになる沖縄三線の世界」の著者でもあります。

今回は「三線教室に行くべきか問題」を解説していきたいと思います。

この記事を書くにあたって調べてみたところ、「三線教室は絶対に必要」という記事をいくつも見かけました。いずれも教室や協会を運営している方、もしくは今現在教室に通っている方の記事でした。

言うまでもありませんが、教室運営の人は必要といいますし、今通っている人は必要だと思って通っているので必要と言うのは当たり前です。

今回は三線教室とはまったくもって利害関係の無い沖縄音楽ギタリストの僕が忖度抜きで三線教室が必要かどうかを解説していきますので、是非最後までご覧ください。

結論から言えば、いかなくても良いけど、行ったほうが楽しいと思いますよ。です(笑)

三線を演奏するのに必ずしもレッスンは必要ではない

これは三線に限りませんが、楽器を演奏するのにレッスンを受けることは必須ではありません。クラシックではあまり見かけませんが、ポップスやジャズなどのプロミュージシャンの中には独学だけでやってきた人もたくさんいます。ましてや現代はYouTubeなどで無限に教材やお手本を見ることが出来ますので、比較的簡単な楽器である三線を覚えるのにレッスンが必須というのはちょっと無理があります。

参考記事:三線の初心者、入門者に伝えたいこと。

なので、単純に上達したいだけなら、教室は不要です。YouTubeをひたすら見て練習すれば勝手にうまくなります。他の楽器の経験、特に弦楽器経験のある人だったら持った瞬間からなんとなく演奏出来てしまうからも知れません。

この敷居の低さが三線の大きな魅力の一つなんですね(^^)

三線教室は楽しい(資格好きにもオススメ)

三線教室 ギター

ただ、単純な上達以外にも三線教室にはメリットが多いので、個人的には「とりあえず行ってみたら?」という意見になります。理由は

・他の楽器に比べてレッスンフィーが安い
・仲間やイベントが楽しい
・資格試験みたいのがあったりする

他の楽器に比べて安い

まず三線のレッスンはピアノやギターなどのレッスンに比べて安いことが多いです。

グループレッスンがしやすいことも理由になっていると思いますが、井星のパートナーである井後さんの初心者用クラスは3時間で2,000円です。1時間666.7円で習えるならそりゃ習っておいたほうが良いでしょう(笑)

個人や協会のレッスンだけでなくカルチャーセンターにも教室があったりしますので、お近くの情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

仲間やイベントが楽しい

それぞれの教室では発表会や演奏会を催してることも多く、これ自体が楽しいこと。またグループレッスンが多いので同好の士と知り合いやすいことも魅力。

三線関係のイベントはお酒が出ることが多いので、なかなか勇気が出ない方でも演奏参加しやすい環境にあります。

人前で演奏するというのはなんとも言えない達成感がありますから、これを体験できるのは大きなメリットになります。

嫌なら辞めちゃえばいいわけですから、気楽に参加してみるといいでしょう。

資格試験みたいのがあったりする

これは事前に要問合せですが、三線の世界には資格のようなものが存在します。

正直良くわかってないのですが、初心者から、先生になるまで協会に認定してもらえる認定試験のようなものがあり、それがモチベーションになっている人も多いようです。

あまりそういう文化が無いギタリストからすると最初は驚いたのですが、少しずつ段や帯の色が変わっていくような楽しみがあるようです。

資格試験が好きな方なんかには特にオススメです。

是非お近くの教室を見つけて三線を始めてみてください!!

オススメの記事:出版記念!「みんなが幸せになれる沖縄三線の世界」無料でも!