英語

VRChatで英語を無料で学ぶ。本当に出来る?

近年一般的なニュースでも聞くようになってきた、「メタバース」。一番大きいものとしてVRChatが挙げられます。

世界中から参加者がいますので、24時間どこかのWorldが盛り上がっています。となると考えつくのが、

「語学学習に使えるのではないか?」

というポイント。なんといってもVRChatは無料です。無料で英語が学べるとなればとても魅力的ですよね。意外と知られていませんが、VRゴーグルがなくてもパソコンだけで十分楽しめます。

語学学習用のWorld(VRChat内に存在する部屋みたいなもの)も多数存在していますが、実際に語学を学習、習得することは出来るのでしょうか。

今回はVRchat歴半年ほど、英語は業務使用10年超、TOEIC模試855~900点の僕がVRChatでの語学学習について解説します。

「お前はもう話せるからだろ」というツッコミも予想できますが、一方で 僕は日常会話程度の中国語も話します。一般的な日本人の英語力に近い状態で中国語学習もしていますので、2つのレベルからの考察になります。ぜひ最後までご覧ください。

結論:VRChatで英語は学べる。ただし。

結論から言えば、VRChatで無料で英語もしくは他の外国語学習は可能です。

様々な国の人が常に出入りしていますので、学習環境としてはかなり理想的。僕は英語圏であるニュージーランドに1年ほど住んでいましたが、英語圏に住んでいても意外とネイティブの人と話す機会は多くありません。

そう考えると、コストゼロでいくらでもネイティブと会話し放題のVRChatは、海外に住むよりも効果が高い可能性すら考えられます。

ただし。

ネイティブ中心のWorldは初心者~中級者にはハードルが高い。

Worldは一部を除いてどこの国の人でも入れるのですが、実際には国籍や時差によって特定の文化圏の人が集まりやすい傾向にあります。

バリバリ英語を話したいのであれば、英語圏の人が集まるWorldに行けばよいのですが、これは相当ハードルが高いです。

日本人の多くは英語といえばアメリカの発音を想像しますが、世界には実に多様な英語を話す人がいます。イギリス圏はもちろん広義の英語圏で言えば、インド、シンガポール、香港など正直戸惑ってしまう発音で話す人も少なく有りません。

また、1対1の会話ならともかく、ネイティブが複数で会話している中に入っていくのは至難の業です。10年以上仕事で英語を使っている僕でもしょっちゅう「ポツン。。。」という感じに陥ります。物理的に対面していないVRChatではよりこの傾向が強まるでしょう。

というわけで、よっぽど英語力が高い人以外は、いきなりネイティブが多いWorldに行っても多分何もできないだろうな、というのが正直な感想です。

でも安心してください。語学を習得する上で、初期段階でネイティブと話したり教わったりといいうのは、実は大して重要では有りません。

時差が結構重要になる

VRChatは24時間外国人がたくさんいる。は事実ですが、一方で時差が存在することも事実です。

例えばイギリスに留学するから、行く前にVRChatでイギリス人と話したいとなったとします。日本とイギリスの時差は8時間。夜ご飯を食べて、20時からVRChatを始めてみてもイギリスにいる人達はまだお昼の12時。普通の人は職場か学校にいるでしょう。

一方でニュージーランドやオーストラリアは日本より早いので、話が盛り上がってきても向こうが「もう遅いから寝るわ〜」となりがち。

夜型の人は欧米と相性が良いですが、盛り上がっちゃって朝まで、、、ともなりがちなのでお気をつけを(笑)

基礎はやっぱり必要

VRChatでうろついていると、日本に興味がある外国人から「日本語教えてクダサイ。」って言われることが結構あります。

この立場になるとわかるのですが、基礎がまったくない状態で教えてくれと言われても正直迷惑です(笑)

最低限の基礎がないと英語は教わりようがないので、やっぱり基礎の勉強は自分でしておきましょう。では、「最低限の基礎」とは?

僕個人の感覚ですが、中学英語を8割ほど理解できていればあとは外国人と話しながら伸ばしていけると思います。公立高校の入試問題は公開されています。この中に長文読解の問題がありますので、それを読んで理解できて、それに対する自分の考えをある程度英語で書ければ大丈夫でしょう。

逆にこれができずに外国人に英語を教わっても迷惑になる可能性があります。

英語学習におすすめのWorld

そもそもVRChatは「最初に何すりゃいいかわからない」ゲームです(笑)どこのワールドに行くべきかもわからないし、どこに行けば日本語が通じるのかもわからなかったり。そこで英語学習に向いているWorldをご紹介します。

初心者向けの、EN-JP exchange world

Exchangeとは交換という意味です。英語と日本語をお互い教え合いましょうねというWorldなので英語学習には最適です。

ここにいる外国人は日本語を話せる人が多いので、初心者にはピッタリでしょう。いきなり英語しか話せない外国人と会話を紡ぐのは難しいもの。

日本語で英語を教わるのは初期段階では重要ですので、ここにいる外国人もしくは日本人から教わるのがオススメ。もちろん相手も日本語を学びたい人なので、ちゃんと教えてあげることも必要になります。

中上級者向けのWorldはたくさん

そもそもVRChatはアメリカの会社が作っているものなので、むしろ日本語が通じるWorldが少数派です。ほとんどのWorldで英語が共通語になっていますので、適当に検索して適当に入ればどこでも英会話をすることが出来るでしょう。

オススメなのは自分の趣味に関連付けること。共通の話題が常にありますし、向こうからも興味を持ってもらいやすくなります。僕はギターを弾くのが趣味で、VRChatでもよく弾いているので、Open Mic Nightというミュージシャンが集まるWorldによく行きます。お互いの演奏を聞いたり、音楽について話したり、ギターを教えたり教わったり、と一石二鳥。「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学ぶのが最高の学習方法であることも抑えておきたいポイントです。

趣味が特になければ、Drinking Nightなどの雑談系Worldも良いでしょう。酔っ払っている人が多いのが玉に瑕ですが、基本的にみんなフレンドリーです。ビール片手に参加してみるのも良いでしょう。

余談ですが、個人的には日本人が英会話を上達させるためにはお酒を飲むのが最適と考えています。別途記事にしてありますのでよければ御覧ください。

参考記事:日本人の英会話問題は、酒を呑むと解決する

まぁとりあえずやってみよう

基礎が必要云々もまぁ正しいのですが、まずは一回やってみて、外国人に話してみましょう。

外国語学習には小さな成功体験が必要です。僕は初めての英語圏であるイギリスのパブでなんとかビールを頼めたことがとても嬉しかったのを覚えています。

少しでも外国人と英語で意思疎通ができたことは、小さいけど大きな成功体験になります。

まずは元気よく、Hello!と声をかけてみましょう。VRChatはいわゆるオタク層が多いので、日本に興味がある人も多く、アニメなんかの話でなんとか盛り上がれるかもしれません(^^)

-英語